ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

E3 2017 - 一日目感想・まとめ

E3-2017.jpg

E3の一日目が無事終了しましたね!
初日はXboxとBethesdaでした。


二つのカンファレンスについて思ったことを
箇条書きであげていきたいと思います。

全体的にゲームのラインアップ自体は結構良かったかと。
スポンサーサイト

| 雑記 | 16:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

EA PLAY 2017 - 感想・まとめ

EA-Play-2017.jpg


今年もこの時期がやってきましたね。
お久しぶりです、生きてます。


先ほどEA PLAYのカンファレンスが終了しました。
またしてもE3とは厳密には無関係のカンファレンスです。

相変わらず喋りが多すぎる……。
もう少し時間的にすっきり出来ないものなんでしょうか。


以下、個人的に気になったゲームや気になった点です。

| 雑記 | 11:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Wii ソフト私的トップ10 【10周年記念】

wii.jpg

本日2016年12月2日は、
Wiiの発売からちょうど10年。


今回はそれを記念して、
同様に私的トップ10ゲームをリストにまとめてみました。

あくまでこちらが選出したものなので、
あなたの好きなゲームが載っていなかったらすみません……!



それと、マルチプラットフォームで発売されたゲームは
今回対象外とさせていただきました。

後々他の機種で出たものの、最初はWiiのみ、
といったケースの場合は対象になります。


前置きはこれくらいにして。
それでは早速見ていきましょう!






影の塔

第十位 「影の塔

今はなきハドソンによる作品。
影となった少年を操作していきます。

若干慣れが必要な部分が、ステージも影だということ。
最初はとにかく、どこに目をやればいいのか分かりにくく、見辛いです。


荒削りなところもありますが、
他にない、かなりユニークなゲームだと思います。

無限回廊」のようなタイプのパズルゲームが好きな方は好きかも。
というか「無限回廊 光と影の箱」にコンセプトは似てます。

| 雑記 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PlayStation 3 ソフト私的トップ10 【10周年記念】

ps3.png

本日2016年11月11日は、
PlayStation 3の発売からちょうど10年。

一昨年はPlayStationが20周年、
去年はPlayStation 2が15周年を迎えていました。


今回はPS3の10周年を記念して、
同様に私的トップ10ゲームをリストにまとめてみました。

あくまでこちらが選出したものなので、
あなたの好きなゲームが載っていなかったらすみません……!



それと、マルチプラットフォームで発売されたゲームは
今回対象外とさせていただきました。

せっかくPS3のリストとしてまとめているので!


前置きはこれくらいにして。
それでは早速見ていきましょう!






Rain.jpg

第十位 「Rain

雨が降る町のお話。
ダウンロード版のみだったのですが、のちにパッケージ版も発売。

透明な少女と怪物の姿を追いかけていたら、
自分自身も透明になっていた男の子の話。


雨に打たれていると敵に見えてしまうので、
どうやって進めば上手く突破出来るかな、と探るのが面白い。

なのでそこそこパズル要素が多い気がします。

| 雑記 | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハロウィンに遊びたい10作のゲーム

今年の10月も終わりが近いですね。
ハロウィンも間近に迫っております。

そんなわけでこの時期にプレイしたいゲームを
10作選出してリストにまとめてみました。



去年も同様のリストを投稿してたりします。
そのときは20作選出しました。こちら

ホラーゲーム、というだけではなく、ハロウィンに個人的に遊びたいかどうか、
というのも基準になっているのでその点はご了承ください。


前置きはここまでにして、
早速見ていきましょう!




Eternal Darkness

エターナルダークネス -招かれた13人-

異なるロケーションや時代を跨ぐ物語。
精神的続編の製作が、数年前に無期限延期されてましたね。

サニティ・システムというものがあり、
操作キャラクターがどんどん正気を失っていくのが特徴。
所謂、SAN値というやつです。


更にこれが現実世界にいるプレイヤーにも影響を及ぼす、
なんとも心臓に悪い作品です。

任天堂のゲーム機で発売された作品にしては
暴力描写が過激。


まあ、アイツには及びませんけど。

| 雑記 | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。