ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画『メン・イン・ブラック3』レビュー

昨日25日に「メン・イン・ブラック3(原題:Men In Black 3)」を観てきました。
公開日にも拘らず午前中に行ったからか、がらがらに空いてました。
観客自分も含め約八名。
混んでるときに行くと本当に混んでるんですけどね。大丈夫なのかなこの映画館。

という訳で以下若干(?)ネタバレ気味なレビューです。



単刀直入に言うとシリーズ全三作中、個人的には一番面白かったと思います。
「メン・イン・ブラック」シリーズである必要性みたいのはあまり感じませんでしたが。
一作目や二作目と比べると気持ち悪いエイリアンが圧倒的に減ってます。
なのでゲテモノチックな映像を期待していくと少々拍子抜けするかもしれません。
純粋なタイムトラベルもののSF…と言い切ってしまうことは出来ないのですが、
正直宇宙人はオマケみたいなものですね。

と言ってもシリーズ要素が全くない訳でもなく。
ラストシーンの少し前の場面はKがどうして今のような性格になったか、
ということをやっと明かしてくれて「なるほど」と
なんだか納得させられてしまいました。
タイムトラベルものだと割とよくあるプロットだ、と言われれば
もう反論の余地がないんですが、前二作がタイムトラベルの絡まない話だった為、
予想以上にぐっと来ました。
なんでしょう、変な話「メン・イン・ブラック」シリーズが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズみたいに
タイムトラベルを主軸にしていた場合「あーまたか」としか思わなかったと思います。
伝わりますかね…これ。

でも1969年のシークエンスが途中からあまり1969年に見えなくなってきたのはいかがなんでしょう。
特にグリフィンとの邂逅シーンとバイクチェイスのシーンとボウリング場のシーンがあまり1969年っぽくなかったです。
Jが警官に止められた理由はなかなか考えさせられましたが。

にしてもスペースシャトル発射前のシークエンスで敵のボリスはJと一緒にタイムトラベルしたのに、
一回目にJに刺を撃ち込んだときのことを二回目に覚えていなさそうだったのでしょう…。
そこが一番「?」となった部分ですね。
うーん、やっぱり一作目のエドガーに比べると敵のキャラが弱いような…。
グリフィンの設定都合よすぎなような…。

結論。
シリーズファンは絶対観るべき。
エグいのが好きな方には多分物足りない。
先述した通り自分はシリーズで今作が一番だと思います。
「ん?」となる点がないわけではないですが。

ニューラライザー欲しい。
では今回はこの辺で。
スポンサーサイト

| 映画 | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1127-1899c08f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。