ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ささみさんから紐解く原作溺愛者のあれこれ

イラストレーターの左さんと言えば最近だとボカロCDのジャケットを描いてる人、
というイメージが友人の話によると強いらしいです。

自分の左さんのイメージと言えば、入間人間さんの
「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」
というラノベの表紙でして。
実写化もされたのでラノベを読まない方でも知っている方はいるかと思いますが、
要するに、これが左さんとの出会いだった訳です。


で。
数年前に左さんがイラストを手掛けたラノベをたまたま書店で見掛けまして。
そうです。
ささみさん@がんばらない」という作品です。
アニメ化、されましたね。
関東圏だと第一話の放送が終わった、のかな…?
二年ほど前から自分はアニメ化を渇望していたらしく、
文脈はよく分かりませんが、こんなツイートすら残しています。





リアルタイムで見れないのが非常に悔しいです。

ところでこの「ささみさん@がんばらない」は原作大好きで、
更にアニメ化も楽しみにしていました。
興味深い対比が出来るアニメがありまして、
それが去年放送された「氷菓」という作品です。

こちらの原作は十年近く前に初めて読んでから
あらゆる面で影響を受けた作品です。
そして最初アニメ化が発表されたときの自分の反応は
「ふざけるな」
でした。
ラノベじゃないからアニメ化反対、という訳ではないのです。
(あ、実写化はされたら発狂するよね、ビブリア古書堂とかゲフンゲフン)
というより「氷菓」も元々は角川スニーカー文庫の中の
〈スニーカー・ミステリ倶楽部〉というレーベルで刊行された“ラノベ”でしたし、
そういった意味では「GOSICK」にも似た経歴をもつ作品です。

では何故「ささみさん」のアニメ化は楽しみで、
「氷菓」はその限りではなかったのか。
ちなみに結論から言うとアニメ版の「氷菓」は好きでした。
原作通り、ではありませんでしたが、ニュアンスを上手く汲み取っていて、
そこはやはり米澤穂信さんが構成協力をしただけあるな、と。
不満は主人公の外見が原作イラストと違うことくらいなもので。

どちらも原作を溺愛している作品なのです。
なのに何故、それに対する反応は相反しているといってもいいものになったのか。
考えても考えても賢そうな答えは見当たらなかったので、
つまらないと言えばつまらないのですが、こういうことではないのかと。

時間。
単純に読んでいる(あるいは初めて読んでからの)時間が
「氷菓」の方が長いのです。
繰り返しになりますがどちらも大好きな作品です。
どちらの方が好きか選ぶことは出来ません。
ちゃんとした対比が恐らく出来ないからでしょう。
ジャンルからして違う訳ですし。
そうしたときにもしかしたら、無意識的にその作品に初めて触れてからの時間で
どれくらい好きかを測っていたのでは…
と思うと少し悔しくなりました。

今更気付けた訳ですが、
ひょっとしたらこの無意識下の取捨選択で、
自分のすごく好みとなり得た作品を見ず仕舞いになってしまうのかな、と。

確かに仕方がないことです。
しかしこれからは、もう少し冷静に小説のアニメ化というものを眺めよう、
と思いながら今日はこの辺りで。
スポンサーサイト

| 雑記 | 09:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1163-a3056053

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT