ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『アベンジャーズ』続編とかの話

コミコン・インターナショナル2013が少し前に開催され、
その間続々と色々なアメコミ映画の情報が入ってきたわけですが。

その様々な情報をちゃんと頭の中で整理するのに、
思った以上の時間が掛かってしまいました。

以下主に4つの作品について言及してます。


・アベンジャーズの続編
・アントマン
・マン・オブ・スティールの続編
・Guardians of the galaxy


では、話を始めましょう。




まずアベンジャーズの続編ですが、
題名が『The Avengers: Age of Ultron』だとコミコンで明かされました。
ウルトロンというのは暴走した人工知能を搭載したロボット(?)的な奴で、
原作だと相当凶悪な敵です。

Avengers_Age_of_Ultron_logo.jpg


なるほど、だから『アントマン』なんだな、と思っていたら、
ふとこんなことを思い出しまして。


『The Avengers: Age of Ultron』の公開が『アントマン』の前…。


あれ?

分かりやすく言うと、ウルトロンを生み出したのが、アントマンことヘンリー・ピムなのです。

つまり原作と違う生まれ方をする、と見ていいのではないでしょうか。
もしかしたら『アントマン』が前日譚的な扱いになる可能性もありますが、
正直それは避けて欲しいです。

ウルトロンを生み出すのがアントマンでないとなると…。
映画ではトニー・スタークがウルトロンを生み出すことになるのかな、などと思っています。

ところで『The Avengers: Age of Ultron』でアベンジャーズに加入する新ヒーローは、
クイックシルバーとスカーレット・ウィッチの二人みたいですね。楽しみ。






次に『マン・オブ・スティール(以下MOS)』の続編ですが、まずコミコンで発表された、このロゴをどうぞ。


superman-batman-logo.jpg


バットマンですね。
『MOS』の続編にバットマンが登場する、とのこと。
会場はこの発表にだいぶ盛り上がったようですが、ちょっと待てよと。

マーベルのブースが設定画を見せたり、
俳優を(しかも撮影中の)ロンドンからわざわざ連れてきて、トークショーに出演させたり、
ティーザー予告を流してるのに対し、DCコミックはこのロゴだけ?

また実現しない約束になるんじゃ、と心配になる理由が実はありまして。
以前、DCコミックとワーナー・ブラザースはこう言ったのです。

『フラッシュ』と『ワンダーウーマン』の映画を公開すると。

結局その内どれが公開されたかと言うと、どちらも公開されていません。
正直実際の製作が進んでいたかどうかも怪しいです。

一方でマーベルは『アイアンマン』を筆頭に、続々と映画を公開し、
『アベンジャーズ』を最終的に公開する、と発表。
そのマーベル・シネマティック・ユニバースの計画がどうなったかというと、
ちゃんとスケジュール通りに全て製作、公開された訳です。


そもそもちゃんと予定通り公開されるのかなぁ、というのが一つ。
もう一つが、DCコミックとワーナー・ブラザースが急ぎ過ぎている感じが。

『MOS』の続編でバットマンを登場させる。
ちなみにこのバットマンはノーラン監督のバットマンではありません。
つまりキャラクター的にはリブートとなる訳で。

リブートされたキャラクターを、いきなり他の作品に登場させる……。
確かにマーベルの快進撃に焦っているのは分かりますが、
マーベルは何年も掛けてゆっくりと積み上げていった結果の『アベンジャーズ』なので、
『MOS』の続編でバットマン登場! 『ジャスティス・リーグ』の公開を急ごう!
とやるのは少々、いや、正直かなり不安です。

それと『MOS』のレビュー(記事はこちら)を観ていただくと分かると思うのですが、
『MOS』はDCコミックのシェアワールドの土台にするにはいささか弱い気が。

これらの不安が見当違いであることを、切に願っています。



最後に『Guardians of the galaxy』ですが、まず正直に言います。
原作読んだことないです。

ですが今一番楽しみにしている映画です。
こちらは現在ロンドンで撮影中で、設定画などが公開されています。

2014年公開予定で、これが『The Avengers: Age of Ultron』へと繋がる作品になるのではないでしょうか。



長々とした記事になってしまいましたが、
コミコンでの特報を受けて、自分の考えをずらずらと並べてみました。


ではまた。
スポンサーサイト

| 映画 | 00:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1206-d94b98d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。