">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画 「ハンガー・ゲーム2」 レビュー

ハンガー・ゲーム2

11月21日に「ハンガー・ゲーム2 (原題: The Hunger Games: Catching Fire)」を観てきました。
予想以上によかった…。

続編という性質上、
前作「ハンガー・ゲーム」の核心に触れているので
そちらを未見の方はご注意ください。

という訳で、以下ネタバレなしのレビューです。




2012年4月4日。
映画の半券を見返したところ、この日に「ハンガー・ゲーム」を観ていた模様。
今でもよく思い出せる――。

既に満席近かった劇場内に入り、思い切り中心の席を陣取った結果、
ティーンズたちに囲われる結果になったという……。

幸いにも誰もべちゃくちゃ上映中に駄弁ったり、
携帯を確認するようなアホたちじゃなかったので映画に集中出来ました。


で。何が言いたいかというと。


「ハンガー・ゲーム」シリーズってティーンズ受けがよくて、
何故か「トワイライト」とかと比べられているんですが、
なんか違うよなーと。

大して期待せずに入った前作(今だから正直に言う、どれくらいバトル・ロワイアルと似てるかを確認しに行った)が、
ティーンズ向けと宣伝されながらも、それ以上の物を提供してくれたので、
今作は自然と興味が湧いたのです。


物凄く簡単なあらすじ。

前作でハンガー・ゲームに勝利したカットニス(?)を気に入らない、
ドナルド・サザーランド扮するサンタクローススノー大統領が、
反乱が起きないよう、出来るだけ自然な方法でカットニスを消す為、
再びハンガー・ゲームを開催する……といった感じ。



「おいおい一回失敗したのにまたハンガー・ゲーム開催かよ笑」

って思った方。あなたはこの映画を観るべきだ。もう言い切る。



観よう。



その斜に構えた態度で劇場に向かおう。
何故か? 観れば分かるんじゃないかな!


まず最初にカメラワーク。かなり見やすくなってます。
最近流行りすぎの手ブレがなくなり(前作は本当ひどかった)、
アクションシーンが素直に楽しめます。

カットニス演じるジェニファー・ローレンスの演技は相変わらず凄い。
ピータ演じるジョシュ・ハッチャーソンは、前作よりもいい演技をしていたと思います。
前作はちょくちょく、彼のお陰で説得力が欠けてしまった場面があったので、
非常に嬉しい限り。

ハンガー・ゲームが開催されるまでにじっくり時間を掛けたのも好印象。
ここまで来るとゲーム自体よりも、その周りの情勢のほうが重要だよな、と。

序盤のシークエンスの説得力が凄い。
役者たちがみないい演技をしているのは勿論、セットやロケ、衣装も丁寧に構成されていたので、
その説得力が生まれたのだと思います。
少し、ホロコーストを連想しました。


ゲーム中で死んだ場合の死体の運びだされ方なども、
妙なリアルさを生み出していました。



唯一気になったのが、主要人物の三角関係。
原作だともう少しカットニスが葛藤しているらしいのですが、
映画だとピータに対する気持ちというのをちっとも感じません。
これじゃ三角関係というよりただの片思いじゃないか……。

終わり方は賛否両論ですが、
個人的にはいいクリフハンガーになったかな、と。
三作目も楽しみです。


友人のりかこ氏が本作のレビューを、
ブログに上げております(記事はこちら)
彼女はトラップの豊富さについて触れていました。確かに前作よりバラエティ豊かだった。

彼女は映画メインのブログなのですが、ちょくちょく妙な作品を観てたりするので、
読んでいて結構面白いです。映画祭関連のレポートも充実してますよ!
是非遊びに行ってみよう!


ティーン向けと侮るなかれ、
ディストピアSFとサバイバル要素とサスペンスが上手い具合に混ざった、
「ハンガー・ゲーム2」……確実に前作より作品としての質が上がっております。


評価点:

8.4 / 10


ではまた。
スポンサーサイト

| 映画 | 07:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1236-875583f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。