">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新作 「那由多」

nayuta.png
(表紙:Ann)

pixivに「那由多」という短編を上げました。
姉に最後の思い出話をする、女の子のお話です。

通算100作目です。
よろしくお願いします…!

以下あとがきです。
若干ネタバレあります。





そんな訳で「那由多」でした。
100作目です。こんなに書いたっけ?という感覚。


表紙は1作目の「苺畑は永遠に」を担当したAnn氏にお願いしました。
節目はAnn氏に頼もうとだいぶ前から思っていたので、実現してよかったです。

処女作の表紙を頼んだときのことは今でもよく思い出せます。
教室で隣の席に座っていたAnn氏に、ビクビクしながら原稿を渡したんでしたっけね(遠い目


さて、本編の話ですが、内容が内容なので書くのが結構辛かったです。
なんか毎回言ってますね、辛かったって()

ある一文が頭の中にあって、そこに向かって書いていった感じです。
読んでくださった方はきっとどの一文か分かってくださるかと!


卒業と、屈託や姉への羨望と、思い出話といった要素がはまったとき、
この、前へと向き始める話が見えてきたような気がします。

振り返ってばかりいるわけにもいかない、というテーマは年末年始っぽくもあり、
やっぱり100作目らしさもあり、自身の卒業に重なるところもあるのでしょう。

以前「根岸恵は振り返らない」という短編を書いたのですが、
これもよく考えたら一年の振り返りが題材だったりします。
本作の主人公はそれより前向きな〈振り返らない〉という選択をしました。


で。
本作はオリジナル小説アワード2013年下半期参加作なのですが、
企画概要や、投票方法などはこちらまで→


そして恐らくこれが今年最後の投稿になるかと!
来年もよろしくお願いします。
2014年第1作は「年明けからなんつー話上げてんだ」みたいなものになる…かも?
コラボ作なのにこちらの不手際でずるずると遅くなってしまった……。反省。


ではまた。
スポンサーサイト

| 小説 | 07:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1240-72cf8bea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT