">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画 「LIFE!」 レビュー

waltermittyposter.jpg


12月17日に「LIFE! (原題: The Secret Life of Walter Mitty)」を観てきました。
ベン・スティラー主演最新作です。

以下、ネタバレなしのレビューです。




ウォルターはLIFE誌編集部に勤める、白昼夢の多い平凡な男性。
彼は長年、表紙の写真の現像を担当してきた。
そんなある日、LIFE誌の廃刊が告げられる。

最終号の表紙の写真は、いつものようにウォルターへ。
しかし肝心のネガがない。
そのことに気付いたウォルターは、最終号の脱稿までにネガを見つけるべく、
写真を撮影したカメラマンを追って、白昼夢ではなく実際の冒険へと飛び出していく――。



とまあ、話はこんな感じ。


夏に初めて予告編を見てから、
正確にはEmpire誌で記事を読んでから楽しみにしていた作品。

ベン・スティラーが以前監督した「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」と雰囲気が全く違ったので、
どれほど作風の幅があるのか、気になっていた面もあります。


去年の8月に、こんなツイートをしていたみたいですね。






予告編がよすぎて本編がどうなるか、正直心配な部分もありましたが、
それは杞憂に終わりました。



まず最初に、見た目。
とにかくとてつもなく綺麗。
物凄く丁寧に撮影された印象を受けます。


序盤は主人公の淡々とした暮らしを表すためか、
固定アングルが多用されています。
最近の映画ではなかなか珍しいです。固定と見せかけてカメラ手持ち、というのが流行ってるので。

……そういえば前回レビューした「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」も固定多かったな。
そのレビューはこちら→

個人的にこの固定アングル大好きなんですよね。
編集によるところも大きいとは思うのですが、
登場人物たちが経験する時間の流れが、感覚としてより伝わってくる気がするのです。


閑話休題。


中盤から終わりにかけては、躍動感がありつつも、妙でないカメラワークが多くなります。
話的にも、ああ、そりゃそうだよな、となるかと。

妙でない、とわざわざ付け加えたのは、序盤に多い白昼夢のシーンにも躍動感はあるからです。
ただやはり、妄想だからかなかなか不思議というか、
作品のトーンとあまり合わないカメラワークになるというか。

ここで評価が分かれると思います。

白昼夢で起きていることと、現実の差で笑いが生まれるのですが、
いかんせんこの白昼夢が作品の全体的な雰囲気とマッチしていないので、
もしかしたらそこで、作品から意識が離れる観客もいるかもしれません。

自分はこのいろんなトーンの寄せ集めみたいな序盤、好きですけどね。
白昼夢って実際、そういうものだと思いますし。
現実と全く同じトーンの白昼夢だったら、なんというか、逆にリアリティがないように思えます。


ベン・スティラーは相変わらずベン・スティラーです。
面白く、同情してしまうようなタイプの男性。
この作品にぴったりでした。

クリスティン・ウィグもよかったですが、まあ別に彼女じゃなくてもこの役は出来たかな、と。

ショーン・ペンは、もう言うことないですよね。
いい味出してました。



音楽も物凄く耳に残ります。
それも、シーンにとてもよく合っているかと。

特にOf Monsters and MenのDirty Pawsという曲が掛かるシーン。
もうこの曲以外何も合わないんじゃ、という気になるくらいです。

視覚効果もよかった。
白昼夢にありがちな、大袈裟な感じを上手く表していたと思います。


気になった点といえば、話の予想がなんとなくついてしまうこと。
エンディングも「あーまあそうだよね」ってなる可能性大です。
悪いエンディングではないのですが、前にも見たことあるような。

とある映画をパロディする白昼夢のシーンも、
なんだかミスマッチな感じがしましたね。
笑いましたが。


それと本作と同名作の1947年の作品があるのですが(原作が同じ、邦題は別)、
主人公が夢見がちな男性、という点以外は全く別物と言って差し支えないでしょう。


本作を観たあと、アイスランドに行ってみたくなりました。
自転車で駆け抜けたい。スケボでもいいや。


評価点:

7.9 / 10


ではまた!
スポンサーサイト

| 映画 | 07:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1253-4d1ea8be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。