">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

映画 「How To Train Your Dragon 2 (原題)」 レビュー

how_to_train_your_dragon_two_poster.jpg

7月17日に、
How To Train Your Dragon 2 (原題)」を観てきました。


以下ネタバレなしのレビューです、
が。


続編の性質上、
前作の「ヒックとドラゴン」のネタバレ(っぽいもの)には触れてしまう可能性があるので、
その点はご了承ください……!



前置きはこの辺にして、
早速いってみましょう。







バイキングの住むバーク島。
ヒックとトゥースの活躍によって、ドラゴンと共存するようになってから5年。

平和に暮らしていた彼らだったが、ある日ドラゴンの狩人に遭遇する。
次第に明かされていく世界のドラゴンに対する認識。


ヒックの冒険が再び、始まる。



とあらすじはこんな感じ。



まず冒頭のシーンから、アニメーションがとてつもなく綺麗。
実際に空を飛んでいるかのような躍動感。

雲と風の表現に思わず見惚れてしまいました。



ヒックとトゥースレスの掛け合いもいい。

この掛け合いがあるからこそ、
話の展開にも心が動かされるのではないかな、と。


設定がファンタジーであればあるほど、そこに登場するキャラクターや、
そのキャラクターたちの関係がしっかりとしたものでないといけない気がします。

そのことをこの作品はばっちり理解していたような印象を受けました。



ジェイ・バルチェルの演技もよい。
前作からのヒックの成長が感じ取れる。

正直彼は声優をしてるときのほうが輝いている気が……なんて思ったり。

他の人たちもよかった。



とは言うものの、脇役たちがあまり活かされてなかったかな、と。

前作は個々の性格がよく現れていたのに対して、
今回はほとんどコミックリリーフの為だけにいたような。

しかし必要以上にダークにならないようにするには、
欠かせない要素だったのかな、とも。



それと本作の最大の弱点は悪役。
いまいち動機がはっきりとしていなかった。

スピンオフ作品を見てれば分かる、という話も聞きましたが、
映画なら映画できちんと表してほしかったです。

なんとなーく悪い人なんだなぁ、で終わってしまったのはもったいない気がする。



この作品、予想外にダークな展開を見せて感心してしまいました。
「え、本当にそう来ちゃうか……」みたいな。

ディズニーやピクサーなら怖がって絶対やらない展開です。
ドリームワークスはそういえば昔からこういうスタジオだったなぁ。


音楽も素晴らしい。
壮大さがよく出ていた。



ちなみに本作、日本公開未定らしいのです。
無事公開されることを願っております。




評価:

9 / 10



ではまた。
スポンサーサイト

| 映画 | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1307-b8503338

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT