">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画 「ナイトミュージアム/エジプト王の秘密」 レビュー

night-at-the-museum-secret-of-the-tomb.jpg

12月20日に、
ナイトミュージアム/エジプト王の秘密 (原題: Night at the Museum: Secret of the Tomb )」を観てきました。

シリーズ三作目にして、最終作。


以下ネタバレなしのレビューです。




1938年、エジプト。
発掘隊が、とあるタブレットを見つけ出す。
地元民の忠告を無視し、一向はその石版をアメリカへと持ち帰る。


時は経ち現代。
ラリーは相変わらず博物館の夜間警備員兼、特殊効果係として働いていた。
ある日、動き出した展示物たちの様子がおかしくなる。

石版が魔力を失っていることに気付いたラリーらは、
その進行を止めるべく、ロンドンへと向かうのだった。





とあらすじはこんなところ。


シリーズ二作目が個人的にはがっかりだったので、
今回も観るか迷っていたのですが、二つの理由から観賞を決意。



理由その一。
前作から期間が結構空いたこと。

これが脚本を練る時間に充てられていたかは定かではありませんが、
その可能性に賭けることにしました。


理由その二。
本作がロビン・ウィリアムズを見られる最後の作品だということ。

確かに遺作は「Absolutely Anything (原題)」なのですが、
そちらでは声のみを担当しているので。



観に行った結果どうだったのか。

私には二作目に欠けていたテンポの良さと、
キャラクター同士のドラマ要素が帰ってきた気がしました。


ベン・スティラーが淡々とジョークを繰り出すのが
このシリーズの売りなのですが、本作ではそれらが話を妨げないちょうどいい量でした。


ただ過去作を見ていないと、誰が誰とどういう関係なのか
全くと言っていいほど分からないのが残念。

そして過去作を見ていると
「博物館の展示物が夜になると動き出す」というコンセプト自体が
もう既に使い古されている印象を残すので、難しいところだなと。


コメディ映画にコミックリリーフを入れる意味が分からないので、
あまり石器人のラーは好きではありませんでした。

いらないでしょ、このキャラクター。
子どもには受けそうですが。


それとロンドンにこの面々が全員行くストーリー的に
ロジカルな意味がなかったな、と。

まあ、作中でそのことについて軽く触れるので
許容範囲ですが。



本作では本当に時間の残酷さというのを思い知ります。

前もタイムリミット要素はあったのですが、
今回はそれに加え、ラリーの息子は既にティーンエージャーです。

どんどん進んでいく周りに取り残された気分に陥るラリーには、
コメディ映画らしからぬ重みがありました。


ランスロットの行動の動機自体も、
よくよく考えると結構切ないです。


いずれは何かを放さなくてはいけない時がくる。

その取り方によっては後ろ向きなようなメッセージを、
前に進んだら何があるか分からないなんて、わくわくするじゃないか
と言わんばかりの明るさで主張してきます。

これが意外と、沁みます。




私はこれらのメッセージがロビン・ウィリアムズによって
伝えられていなかったらどうなっていたんだろう、と考えてしまいます。

それほど彼は凄い俳優でしたし。

何度考えても結論が出せないのが正直なところです。


恐らく、いい台詞がいい俳優によって届けられた、それだけのことなのでしょう。
それだけのことのはずなのに、終盤はなかなかに見るのが辛かったです。




ストーリーに貢献しないキャラクターや、
過去作と矛盾するようなプロットを除けば本作は良質なファミリー映画だと思います。




評価:

7.5 / 10



ではまた!
スポンサーサイト

| 映画 | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1353-dfb03ecb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。