">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2014年トップ10映画

さてさて、今年もこのときがやってきました!
2014年公開映画トップ10です!


ワースト10の記事はこちら
去年のトップ10記事はこちら



こういったものには意見の違いがつきものですが、
今回のこれもあくまで私的トップ10です。


それと、レビュー記事とは違って、完全に自分が好きかどうかで判断しているので、
評価点が高かった作品がトップ10に入っていなかったり……なんてこともあり得ます。




ちなみに2014年公開、というのは英国での公開日に基づいています。
それでは早速いってみましょう!







第十位 「Oculus (原題)」

OculusPoster.jpg

レビュー→


思った以上にこの映画を気に入っていて、自分でもなかなか驚いています。
観るか観ないか迷っていたときは、まさかトップ10入りするとは。

ホラーは基本的にハズレが多いジャンルだと思っているので、
その中からトップ10入りするような作品が現れると、なんというか
物凄く嬉しいです。

観客も登場人物と同じように、精神的にどんどん迷子になっていくこの作品。
集中して観ていないと、いろいろと見逃してしまうので注意。









第九位 「In Your Eyes (原題)」

InYourEyesPoster.jpg

レビュー→

Vimeo on Demandで配信された作品。
ジョス・ウィードンが脚本を書いたというのを知って、
観ることにしたのを覚えています。

男女の微妙な距離感を、SF要素を用いて
鮮やかに描き出していて、見ていると心が温まってきます。







第八位 「LEGO® ムービー」

the-lego-movie-poster-final.jpg

レビュー→

製作が発表されたときは
「こんなに露骨な商品宣伝は初めて見た……」なんて思っていたのですが、
実際に観てみてびっくり。

非常によく練られた脚本で、
飛び交うジョークも集中していないとどんどん聞き逃してしまうほどの量。

映画好きであればあるほど、パロディに笑うんじゃないかな。
私もターミネーターの台詞の真似をするシーンで、お腹が痛くなるくらい笑いました。







第七位 「How to train your dragon 2 (原題)」

how_to_train_your_dragon_two_poster.jpg

レビュー→

子ども向けのアニメーション映画なのでやらないであろうな、
と思っていた展開を見せた作品。
なんというか、見ていて悲しくなる。

それと同時にカメラワークの美しさや、
登場人物たちのそのままの感情が伝わってきて記憶にとても残ります。
前作を超えたと私は思うレアな続編。







第六位 「グランド・ブダペスト・ホテル」

GRAND-BUDAPEST-HOTEL-POSTER.jpg

レビュー→

ウェス・アンダーソン監督の作り上げる映画は唯一無二のもの、
という思いが確信に変わった作品。

画面のアスペクト比を上手く利用したり、
影と光でフィルムノワールのような場面を作り上げたり、
ミニチュアを使って疾走感を出したり。

登場人物が回想をする形を取っているのですが、
私はそういう形式の映画に弱かったりします。







第五位 「インターステラー」

interstellar.jpg

レビュー→

初めて特報を見たときの予想を遥かに超える物語と、
それを支える美しいビジュアル。

確かに完璧な映画とは言えませんが、
それでも、ここまで映画館で作品を観ていて息を呑んだのは久々でした。

ノーラン監督の作品はいつも議論を巻き起こすので、
個人的にとても楽しくて、そういった面でもやはり凄い映画だったな、と。







第四位 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」

Chef-2014-Movie-Poster.jpg

レビュー→

料理とロードムービーを掛け合わせたらどうなるか。
私好みの映画が出来上がります。

話に目新しさはないのですが、
見せ方がとにかく魅力的。

それと、お腹空きます。







第三位 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

Edge of tomorrow

レビュー→

桜坂洋の書いたライトノベルがハリウッドで映画化される、
と聞いたときは懐疑的な気持ちだったのです。

不安なまま劇場に入ったのですが、その思いは杞憂に終わりました。

死ぬと一日を繰り返す、
というコンセプトをここまで面白く出来るとは。
そしてまさかこの映画で笑うとは。

シリアス要素とコメディ要素のバランスがとても良いです。







第二位 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

Guardians of the galaxy

レビュー→

最早説明不要なマーベル作品。

70年代の楽曲とスペースオペラを組み合わせ、
更には主役がハン・ソロを彷彿とさせるシニカルかつ面白い人物な映画を
私が気に入らないわけがないのです。

この作品もまた、シリアスとコメディのバランスの取り方が上手いです。

本作を観たあと、
サウンドトラック盤が欲しくなったのは私だけではないはず。










第一位 「6才のボクが、大人になるまで。」

boyhood.jpg

レビュー→

観終わった瞬間、今年のトップ10映画に選出されることを確信した作品。

掛かっている手間もそうなのですが、
ここまで素直に、それでいて綺麗に人生を切り取ることの出来た映画は
今までなかったのではないでしょうか。

終盤の台詞に胸が締め付けられました。
それにしてもよく、12年間に渡って映画を同じ役者で撮ったなぁ、と思います。





-----------------------------------------------------------------



そんな訳で、今年の映画トップ10でした!

ワースト10の記事も近々投稿します!
結構書いてて楽しい記事なので、今からわくわくしております。

追記(12/28) ワースト10の記事を上げました。こちら


2014年はいい作品が多く、絞るのが大変でした。

Book of Life (原題)」や「猿の惑星: 新世紀」や「ウルフ・オブ・ウォールストリート」は
泣く泣く削らせていただきました。
本当に辛かった……。






2015年公開予定作品の一覧を見て、こんなツイートをしていたわけですが
今年もなかなか豊作だったと思います。

あ、駄作がなかったわけではないです。たーーーーーくさんありました。
それはワースト10の記事のほうで詳しく述べます。



今回はこの辺で。
ではまた!
スポンサーサイト

| 映画 | 07:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1356-9e93dc2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。