">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

楽しみにしている映画15選 - 2015

新しい年ですね!!

というわけで今年公開される映画の中で、
個人的に楽しみなものを15作品選出しました。


もしかしたらこの中から
2015年トップ10映画のリストに入るものや、
逆にワースト10に入るものがあるかもしれませんが
これは現時点で、あくまで個人的に楽しみにしているものなのでご了承ください!



「あのとき楽しみにしてるって言ってた映画、観てみたけど全然よくなかった!」
と言われてもどうしようもないです、私には!

さすがに観る前から内容は分かりません!!

提示されている情報だけを基に、今、楽しみにしている作品たちなのだ、
ということを頭に置いて読んでいただけるとありがたいです。


それでは前置きはこれくらいにして。








TL.jpg

Tomorrowland (原題)」

Twitterでも何度か名前は出しているこの作品。
名前の通り、トゥモローランドが題材の映画。

ブラッド・バードが監督ということだけでも楽しみだというのに、
この予告編である。





ピンを触っている間だけ、トゥモローランドにいられるとか……!

このアイテムが上手い具合に活用されて、
楽しいシーンが観れるといいなー、と思っております。

主人公がちらりと見るテレビも意味がありそうですし、
終盤のジョージ・クルーニーがいる部屋も気になります。

とにかく早く観たい。







Jurassic-World.jpg

ジュラシック・ワールド

以前この記事で、予告編の話をした作品。

正直今でも不安がないわけではないですが、
「彼女はパートタイムトラベラー」(酷い邦題だ) の監督ですし、
クリス・プラットが主人公を演じていますし、開園しているパークを見たいな
とずっと思っていたので、楽しみにしている映画に選出しました。


なんだかわくわくしませんか、
お客さんがいるパークって。

昔よくテーマパーク経営ごっこみたいなことをやったものです……。
なんだか「ローラーコースタータイクーン」で遊びたくなってきました。

公式サイトも、パークがこの世界に実際に存在するものとして、
乗り物の待ち時間や恐竜の餌やりスケジュールを表示しているので
とてつもなく期待が膨らみます。







Insideout.jpg

インサイド・ヘッド

感情たちが主人公の、ピクサー最新作。
今年は「The Good Dinosaur (原題)」というピクサー作品も公開されるのですが、
個人的にはこちらのほうが楽しみです。





このユーモアはいい意味で、
なんだかあまり子ども向けっぽくない気が……。

いずれにせよ期待大。







ex machina

ex machina (原題)」

アンドロイドとの三角関係に陥った人物の話。
ビジュアルがまず凄い。

それに加えてオスカー・アイザックが主役ときたら、
もうこれは観るしかない。

本当彼の「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」での演技が
大好きで、ゆえに今回の作品も楽しみです。

過剰に説教じみた作品にならないよう、願ってます。







avengers-age-of-ultron.jpg

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

この作品は一作目の「アベンジャーズ」が終わった瞬間から待っていました。
一年半ほど前にこんな記事を書いたのが昨日のことのよう。

もう見た方も多いとは思いますが、もう一度予告編を。





ピノキオの挿入歌である「もう糸はいらない」をここまで不気味に出来るとは。
とてつもなく期待しています。







Hateful Eight

「The Hateful Eight (原題)」

タランティーノ監督の最新作。

脚本が流出して、一時期製作を取りやめるという話になっていましたが
監督の気が変わったらしく、結局作られることに。

「ジャンゴ 繋がれざる者」の流れを受けて、西部劇らしい。
いや、正確に言うと、あの映画は南部劇ですが……閑話休題。


たくさんの流血描写と、惚れ惚れする演技と台詞が
今年のクリスマスプレゼントになりそう。







MadMax.jpg

マッドマックス 怒りのデス・ロード

最初この映画の製作発表を聞いたときは、
「ふーん、また昔のシリーズの続編?リメイク?を作るんだ」程度の感想だったのですが。

そこに。

この。


予告編が。







去年のコミコンの記事でも書いたのですが、
期待していなかった分、この予告編のインパクトは大きかったです。

見た目が素晴らしい。
トム・ハーディは好きな役者の一人なので楽しみ。







THE-WALK.jpg

The Walk (原題)」

1974年にフィリップ・プティという人物が試みた、
ワールドトレードセンターのツインタワー間綱渡りを題材にした作品。


監督が、ロバート・ゼメキスなのですよ。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「フォレスト・ガンプ/一期一会」の。

最近はあまり……いい映画を作っていない気がするのですが、
この題材、そしてジョゼフ・ゴードン=レヴィットが主役なら
期待しても、いいと、思います!







Minions.jpg

ミニオンズ

2014年公開予定だったのが、延期されたもの。

二年前に「怪盗グルーのミニオン危機一発」を観てから、
密かに楽しみにしていた作品。


常にグルーと一緒にいるのに、
どうやってミニオンだけのスピンオフを作るんだろう……?
と思ったら前日譚だったという。

しかも60年代が舞台。賢い。





可愛すぎ。









furious-7.jpg

ワイルド・スピード SKY MISSION

「ワイルド・スピード EURO MISSION」のレビューのときも書いたのですが、
私にとってワイルド・スピードというのは
テレビでやってれば流し見するくらいのシリーズでして。

それが六作目を観たことで変わったわけです。


いつからか、映画自身が自分の派手っぷりを理解したようで
それを長所にし、観ていてものすごく楽しいアクション大作シリーズになったのです。
それまでは割とアングラな感じがあったので。


それに加え、時系列に並べると1→2→4→5→6→3→7なので、
ここ数年ずっと前日譚だったシリーズがやっと元々の流れに合流するのです。


どんなカーチェイスが見られるか、今から楽しみです。







Peanuts.jpg

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE

ピーナッツをCGアニメにすると聞いたとき、
真っ先に頭に浮かんだのが「スマーフ」と「ガーフィールド・ザ・ムービー」の二作品。

どちらもいい映画とは言いがたく、
不安が募っていたのですが、その後この特報を見まして。





ああ、これならいけるかもしれない……と思ったのでした。
CGと手描きがいい具合に混ざったような質感に、希望抱いております。







spectre.jpg

Spectre (原題)」

007シリーズ最新作。

題名のSPECTREといえば
過去にジェームズ・ボンドと対決した悪の組織の名前。


日本を舞台にした「007は二度死ぬ」で
ボンドによって壊滅させられたことでも有名。

ポスターも昔のSPECTREのロゴを意識している気がします。

SPECTRE_Logo.png

事実上2006年の「カジノ・ロワイヤル」でリブートされた世界観で、
どうやって悪の組織を描くかが気になります。

響きからしてちょっと間抜けじゃないですか、悪の組織って。


前作「007 スカイフォール」の監督、サム・メンデスが続投されるということも相まって
非常に楽しみにしている作品。







np.jpg

「Mission: Impossible 5 (原題)」

トム・クルーズがイーサン・ハント役として帰ってくるのはもちろん、
前作「ミッション・インポッシブル: ゴースト・プロトコル」でのチームが
ほぼ全員帰ってくるみたいなので期待大。

個人的にゴースト・プロトコルが一番出来のいい
ミッション・インポッシブル作品だと思っているので……!


ブラッド・バードは冒頭で述べた「Tommorowland」を監督する為続投しませんでしたが、
そのあとを継ぐ人物が「オール・ユー・ニード・イズ・キル」や
ユージュアル・サスペクツ」の脚本を書いたクリストファー・マッカリー。


脚本家としての腕前はとてつもないものですが、
監督となると少々不安というのが正直なところ。

いずれにせよ楽しみですが!
早くポスターや予告編が見たい……。







pixels.jpg

Pixels (原題)」

エイリアンが地球を攻撃するのに、レトロゲームのキャラを使う。

この設定だけで胸が高鳴ります。
それに監督がクリス・コロンバスという。

良し悪しはともかく、
楽しいファミリー向けの映画になることは間違いないかと。

アダム・サンドラーが本気を出して面白くなるのか、
あるいはまたいつものように怠けるのかが気になるところ。







SW7.jpg

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

この作品が楽しみでないわけがない……!

以前、この記事で特報について触れましたが、
あれから映画館で何度かその映像を見る機会がありまして。

何回見ても飽きませんね。


それにしても、もう「シスの復讐」から十年経つんですね……。早い……。

東京国際フォーラムのジャパンプレミアに行ったのを覚えてます。
当時確か、小学校四年生でした。


そんなスター・ウォーズの新たな章をまた観られるとは……。
とても期待してます!!

12月が待ち遠しい!!




------------------------------------------




というわけで、今年楽しみにしている映画15選でした!
あ、順不同です。今更言ってもしょうがない


ここでリストアップした作品たちが、
実際にいい映画であることを願ってます。

多分、今は名前すら知らない映画がトップ10に入ったりするんでしょうけどね!
毎年そんな感じです。どこからともなく名作が現れるので……。

わくわくしますね!



ではでは、今回はこの辺でお暇させていただきます。
またお会いしましょう!
スポンサーサイト

| 映画 | 12:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1362-f94981ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT