">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

怪奇ゾーン グラビティフォールズ - シーズン1感想

Gravity_Falls.jpg

ツイッターで何度も書くと言っていて、
まだ書いてなかったのでこの機に。


怪奇ゾーン グラビティフォールズ (原題: Gravity Falls)」の
シーズン1の感想です。


ネタバレはないので、未見の方もどうぞ。



双子のディッパーとメイベルが大叔父の住む、
グラビティフォールズに夏休みの間だけ滞在することになる。

ディッパーがある日、謎の書物を見つけてから
このグラビティフォールズに隠されたたくさんの秘密が浮き彫りになっていく――。




とあらすじはこんな感じ。



子ども向けのカートゥーンではあるのですが、
大人も、というかむしろ大人のほうが楽しめるんじゃないかと思うジョークの数々が、
このオカルト要素満載な作品には取り入れられています。



Gravity_Falls_characters.jpg

主要人物はこんな感じ。
左から、スース、ディッパー、スタン大叔父、メイベル、ウェンディです。

この五人が、
グラビティフォールズの観光スポット「MYSTERY SHACK」のメンバー。

彼らの日常に、
怪奇現象がするっと忍び込んでくる感じ。



登場人物の掛け合いのテンポがよく、聞いていて楽しいのはもちろんのこと
それぞれの関係が説得力のあるものになっているので
シリアスな展開になったときに、とてもインパクトがあります。


そうなんです、シリアスな展開になるときもあるのです。
ただ、そうなったときにやたら説教臭くならないのが非常に好印象。




声優たちも素晴らしい。
日本語版はウェンディのイメージがちょっと違う気もしますが。


見ているときはウェンディの声優がリンダ・カーデリーニだとは気付かず、
初めて知ったときには結構びっくりしましたね。

リンダ・カーデリーニは「ベイマックス」のレビューのときに触れた
「スクービー・ドゥー2」までしか出演作を追っていなかったので。



gravityfalls_monster.png

一話完結型の作品なのですが、
全体に跨る話も物凄く面白い。

主人公のディッパーとメイベルと共に、
謎解きをしている気分になります。


あちこちに張り巡らされた伏線を回収していく様は、
見事としか言いようがない。

もちろんシーズン1時点で全てが明かされたわけではないのですが。


オープニング曲の謎の音は何を意味するのか?
書物の著者は誰なのか?
所々に散りばめられた三角形は何を意味するのか?

といった具合に、ミステリー的な要素が多く含まれます。



一話ごとに次の放送まで期間が空くのが残念ですが、
一つ一つのエピソードに時間をかけているので、無駄な話が一切ない。

カートゥーンにはなかなか珍しい形態なのではないでしょうか。


個人的に一番気に入ってるのは第九話の「チャンスは一度きり?」です。

この回を見た後に遡って見てみると、
あちらこちらに伏線が張られていたことに気付いて、度肝を抜かされました。


こ、凝ってるなあ……と思いました。脱帽。


ディズニーチャンネルのオリジナル作品としては、
「キム・ポッシブル」ぶりの好みどストライクなカートゥーンでした。
ミッキー・マウス!」も結構好きだけどね!



これからが非常に楽しみな作品です。
もうシーズン2も何話か見たのですが、凄まじいです。

楽しみです。
ダラダラと続けず、ちゃんと完結してくれることを願ってます。




「怪奇ゾーン グラビティフォールズ」シーズン1の感想は以上になります!

興味をもった方には、
このグラビティホームというサイトをおすすめしておきます。

現在日本でのシリーズ展開が停滞していることもあり、サイトの更新は停止しておりますが、
小ネタや謎の考察などが日本語で書かれた
恐らく唯一の「グラビティフォールズ」ファンサイトなので、訪れる価値はあると思います。




ディズニーチャンネルのオリジナル作品と言えば。

starvstheforceofevil11.png

以前「Star vs. the Forces of Evil」という作品の
第一話の感想を書きました。

記事はこちら


本放送はまだの作品ですが、よかったら読んでやってください。



では今回はこの辺で。
またお会いしましょう!
スポンサーサイト

| 雑記 | 05:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1388-ef0562b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。