">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Five Nights at Freddy's 3 - プレイ感想

fnaf3header.jpg

待ちに待った「Five Nights at Freddy's 3」が発売されたので、
早速プレイしてみました。

このときの予想は結構はずれてしまいましたが。


もう一つ予告編が来ると思っていたので、
いきなりカウントダウンが始まったときにはびっくりしました。


なにはともあれ、以下感想です。



フレディ・ファズベアーズ・ピザの閉店から30年。
そこで起こったある事件は、今やただの都市伝説となっていた。

ファズベアーズ・フライト: ザ・ホラーアトラクションのオーナーは、
この都市伝説を逆手に取り、経営の再生を図る。



とストーリーはこんな感じ。
そうです、Five Nights at Freddy's シリーズにはちゃんとストーリーがあるのです。


vlcsnap-2015-03-07-00h35m59s201.png

カメラを切り替えつつ、
敵であるアニマトロニクスを監視するのは今までのシリーズ作通り。

しかし本作はより監視が重要な印象を受けました。

対抗手段が手段なだけに、
敵の現在地を把握してないと話にならないんですよね。

後半戦になるとあまりカメラを使う必要がなくなる
これまでの作品へのフィードバックを活かしたのでしょうか。



vlcsnap-2015-03-07-00h37m13s206.png

今回導入されたシステム。

エラーを起こすと状況が不利になっていくので、
タイミングを見計らっての再起動が必要になってきます。

常に監視していなくてはならないはずなのに、
映像は消え、音声機能は壊れ、どんどん一筋縄ではいかなくなってきます。

再起動までにも時間が掛かります。
親切設計。

自分の身を守る方法があからさまじゃないのが好印象。


vlcsnap-2015-03-04-11h16m52s8.png

これまでのシリーズと違い、アニマトロニクスが一体だけと聞いて
「少なくない?」と思っていたのですが、そこで幻覚たちの登場です。

幻覚に襲われると死にはしないのですが、
システムが強制エラーになるというなかなかに歯ぎしりしたくなる展開に。


エラーによって発生する暗転はアニマトロニクスの移動速度を上げるので、
後半戦は特に幻覚たちが鬱陶しくなります。



vlcsnap-2015-03-04-11h13m46s145.png

上手い具合幻覚をかわしつつ、システムのエラーを直しつつ、
敵の位置を把握して誘導し、朝六時まで生き延びる、そんなゲームです。


ホラーゲームというより、
ホラー要素を取り入れた戦略ゲームといったほうが正確かもしれない。

意外にもやり込み要素が結構あります。
散りばめられた秘密も興味深い。


私は結構好きな作品ですが、
移動出来ないことにもどかしさを感じる方には向かないかも。

これはシリーズどの作品にも言えることですね。




以上が私の感想になります。


ちなみに前回は、
Life is Strange というゲームのエピソード1の感想を書きました。

そちらのほうもよろしくお願いします。

vlcsnap-2015-02-12-23h48m00s42.png

こんなゲームです。


私のSteam アカウントはこちらです。
フレンド申請、お気軽にどうぞ!


今回はこの辺で。
ではまた!
スポンサーサイト

| 雑記 | 13:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1392-069d7e79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。