">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画レビュー 「シンデレラ (2015)」

cinderella 2015

4月7日に「シンデレラ (原題: Cinderella)」を観てきました。


ケネス・ブラナー監督最新作。
以下ネタバレなしのレビューです。



同時上映の「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」についても、
感想を書いているのでよかったら。




継母と、その娘二人と暮らすエラは
酷な扱いを受けていた。

ある日、舞踏会の開催を知った継母たちは、
エラを省いて王子の心を射止めようと、参加を決意する。

エラも、知人に会うべく舞踏会に向かおうとするのだが――。




とあらすじはこんな感じ。

あまりにも有名な話なので、
どこまでがネタバレなのか悩みました。

アレンジが加えられてるところは
とりあえず避けましたが。



ケネス・ブラナーが監督というだけあって、
見た目が物凄く良い。

衣装やセットだけでなく、
一つ一つのショットが綺麗。



魔法の演出もとても好印象。
鮮やかで見ていて楽しかったです。

特にドレスのシーン。見れば分かる。
魔法少女ものの変身シーンを思い浮かべてしまった。



主役のシンデレラことエラを演じるリリー・ジェームズですが、
カリスマ性がありつつ、平凡な雰囲気を作るのも上手かったです。

完全に別の人物ではない、
しかし二面性のあるキャラクターを表現しきれていたと思います。



驚いたのが、コメディ要素の塩梅のよさ。

小気味よい掛け合いや、
すっと聞き流してしまいそうな冗談が意外と面白かったです。

何度かくすっとしてしまった。
劇場で周りに座っていた女の子たちはよく分かっていなさそうでした……(笑)



しかしこういったクスリと出来る部分のお陰で、
おとぎ話が苦手な人にも割と楽しめる作品になってるかな、という印象。

メッセージ性が強すぎる気もしますが。
あとアニメーション版の曲があまり使われてなくて少々残念。



ネズミはあれくらいの表現がぴったりかな、と。
普通に喋ってしまったら、トーンに合わなかったと思います。

魔法は出てきますけどね。



評価:

7.6 / 10



展開の予測がシンデレラの話を知らなくても
完璧に出来てしまう点がやはりマイナス。




で。
同時上映された「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」ですが。

面白かったです。
本編よりもコメディ要素多め。

短編なだけあってテンポがいい。
純粋な楽しさは本編と比較してこっちのほうがあるかな、という感じ。

春っぽい衣装も素敵でした。
そして音楽は相変わらず耳に残る。




以上、
「シンデレラ」と「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」のレビューでした!


遅くなってすみません!
やっと新居にネット環境が……。

ではまた。
スポンサーサイト

| 映画 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1397-c39e7620

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。