">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏の終わりとリセット彼女 - 読後感想会

八月もそろそろ終わってしまいますね。
天気のいい日が続いていて、気分がいいです。

そんなわけで、
今回の読後感想会で取り上げる作品はこちら!


夏の終わりとリセット彼女

境田吉孝作
「夏の終わりとリセット彼女」です。


以下ネタバレなしの感想になります。


「あなたは、私が一番嫌いなタイプの人間だと思います。」
――夏休み。桜間さんが事故で記憶を失った。

桜間さんといえば、完全無欠の「正義の人」にしてクラスの誰もが認める超美人。
そしてなんの間違いか、僕、峰康の“カノジョ”でもある。

“カレシ”がいたことすら忘れている桜間さんと、
僕は二度目のボーイミーツガールを果たすのだけど……全力で嫌われてしまい!?

夏の終わり、リセットされた関係が、もう一度動き出す――。


―あらすじより引用




とこんなお話。



記憶を失い、仲の良かった彼女との思い出がリセットされる。
みたいな話だったら多分これほど印象に残らなかったと思います。

やはり記憶を失う前も、何故付き合い始めたのかよく分かっていなかった、
というのがよかったのかな、と。


平面上は全くこれまでと変わらないのに、何かが違う。
ずれ始めている。

その差を埋めようとするけれど、
果たしてその距離感は前と同じなのか、あるいは近付いているのか。


この辺りの表現は
非常に上手いさじ加減だな、と思いました。


ただゲームをしたり、
映画を観に行ったりといったエピソードにも
記憶を失う前にどういう思惑があったのかというのが散りばめられていて
ミステリーとまではいかなくても、読んでいて謎が深まっていく感じ。



ラブコメ、という括り方を出来るかというと微妙なところです。
こちらはいい意味で、ですが。

ライトノベルのレーベルから出版されていますが、
過剰に突拍子もないような印象もなく、読みやすいかと。



とは言うものの、主人公があまり好きになれなかった。

すごく自分勝手で、だからこそ自己投影出来る人もいるのかもしれませんが
私は時々必要以上に鬱陶しく感じてしまいました。


そして終盤の展開はかなり急です。
え、どうして? って言いそうになりました。

結局、桜間さんはどうして主人公を彼氏にしたいと思ったのか。
その辺はあまり伝わってきませんでした。

今まで散々いろいろなことを散りばめておいてこの結末……。


決して悪いエンディングとは言いませんが、
もう少し何かあったんじゃないかな、と思ってしまいます。


挿絵は作品の雰囲気にマッチしていて、
とても綺麗でした。

いらないサービスシーンはなし。

だからなんだか下ネタも浮いてますね……。
この作風だったら別に下ネタいらなかったのでは? とも思いました。



展開が読みやすいのが難ですが、
多分この夏の終わりの特有な空気を求めてまたいつか読み返す気がします。



「夏の終わりとリセット彼女」の感想は以上です!

ちなみに前回の読後感想会では、
「アイドルとマーケティングの4P」という小説を取り上げました。

その記事はこちら



今回はこの辺で。
ではまた!


夏の終わりとリセット彼女 (ガガガ文庫)
夏の終わりとリセット彼女 (ガガガ文庫)
スポンサーサイト

| 雑記 | 08:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1436-7df0fdd0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。