">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

M&M's World とニコロデオンストアに行った

先日友人であるまろん氏と、
ロンドンを観光してきたので今回はその話を。

多分全部で四回くらいに分けて書こうかな、と。

あまりにも長くなりすぎてしまうので!



IMG_2056.jpg

ヴィクトリア駅で待ち合わせしてから、ピカデリーサーカスへ。

グリーンパーク駅で、
ピカデリー線に乗り換えるルートです。

三年前と全く同じですね。
実は三年前にもロンドン観光をしまして。


このときにはまだ三越がありました。






IMG_2057.jpg

広場を別アングルで。
天気悪い。



IMG_2058.jpg

バスが何台も連なっているのが見えます。



IMG_2059.jpg

割と新しめの二階建てバス。

信号待ちが長いので、
こういった写真を撮るチャンスは結構あります。



IMG_2060.jpg

Ripley's Believe It or Not! London が写ってますね。
そういえば行ったことないな、と思ったり。



IMG_2061.jpg

工事をしていました。
スリラー」を上映している Lyric Theatre の方面です。


で。

レスタースクエア方面に歩いていくと、ありました。
M&M's World が。


三年前に来たときはオープン直後ですごく混んでいたのですが、今回も変わらぬ混雑っぷりでした。



IMG_2062.jpg

店内にはスター・ウォーズとのコラボ商品が。
壁にも大きくダース・ベーダーなレッド。



IMG_2063_20150907074543b7c.jpg

自販機の横にも。

一人で盛り上がっている間、
まろん氏は「はぁ」みたいな顔をしていました。

(スター・ウォーズ観ろ)



IMG_2064.jpg

ノートや缶バッジなんかもありました。


一通りスター・ウォーズとのコラボ商品を見たあと、
階段をどんどん下りて地下へ。


IMG_2065.jpg

地下には研究室があります。
……研究室という体の、オーダーメイドM&M'sを作れるところです。

中を覗くと白衣を着た人たちがあれこれしているので、
眺めているだけで楽しかったりします。



IMG_2066.jpg

こんな感じのチューブがたくさん壁に並んでいて、
好きなように詰め合わせも出来ます。

ここにしかない色と味ばかりです。



IMG_2067.jpg

階段の壁にはキャラクターたちが。



IMG_2068.jpg

車に乗ったブルーがいました。
子どもたちが常に群がってましたね。



IMG_2069.jpg

Tシャツコーナー。
8 bit のゲーム風なデザインもありました。



IMG_2070.jpg

が、特に惹かれたのはこのデザイン。
ハン・ソロと M&M's のキャッチコピーを組み合わせるとは。

一人でずっと爆笑してしまいました。



IMG_2073.jpg

その後、隣のニコロデオンストアへ。
店内には現在放送している番組のグッズのみ。

なので自分が見ていた「ラグラッツ」や「ジミー・ニュートロン」
といった番組のグッズはありませんでした。少し残念。



IMG_2075.jpg

そこを出て、レスター・スクウェアを抜け、
コヴェント・ガーデン方面へ。



IMG_2076.jpg

コヴェント・ガーデン駅は、相変わらず閉鎖されていました。
ここしょっちゅう閉鎖されてますよね。

で、この路地裏を行くとタンタンショップがあります。



IMG_2077.jpg

タンタンショップ。
タンタンの冒険」のグッズを取り扱うお店です。

割とひっそりとしていて、落ち着く場所です。



IMG_2078.jpg

表通りに戻ると、何かパフォーマンスが。

こういうのは雨が降ったら大変だろうな、
などと考えつつしばらく散策しました。

以前あった紅茶屋がなくなっていたのがショックでした。

紅茶専門店。

Beat of bluesさん(@beatofblues)が投稿した写真 -


こんなところがあったのです。



IMG_2079.jpg

コヴェント・ガーデン外観。

そうこうしていたら昼時になったので、
ピカデリーサーカスのほうへと戻ることに。



そんなわけで、次はこの続きの話でも。
近いうちに更新……出来たらいいなあ。

追記(09/26): 更新しました。こちら


今回はこの辺で。
ではまた!
スポンサーサイト

| 日常 | 02:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1442-8fb344a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT