">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マダム・タッソー館に行った

だいぶが期間が空いてしまいましたが!
引き続きロンドンで遊んだときの話を。

(M&M's World に行った前回の記事はこちら!)


コヴェント・ガーデンからピカデリー・サーカス駅へ歩いて戻り、
電車に揺られてベーカー・ストリート駅へ。


目的のマダム・タッソー館は予約していたので
割とすんなりと入場出来ました。


IMG_2084.jpg

まずこんな空間に通されます。
アカデミー賞授与式がテーマ。

なのでハリウッドスターの蝋人形がたくさん。




IMG_2081.jpg

トム・クルーズの蝋人形。
身長までばっちり再現されていました(失礼)。



IMG_2082.jpg

ヘレン・ミレンが三人。
威圧感が凄まじい。



IMG_2083.jpg

若い頃のトム・ハンクス。
一人だけ20年ほど前のバージョンで思わず笑ってしまった。



IMG_2085.jpg

カニエ・ウェストの周りは凄い人だかり。
キム・カーダシアンが隣にいました。



IMG_2088.jpg

部屋を移動すると、
シャーロック・ホームズに扮したロバート・ダウニー・Jr が。



IMG_2090.jpg

ジェームズ・ボンドに扮したダニエル・クレイグ。
めちゃくちゃ通路が狭かったですこの辺り。

人が写らないように何回撮り直したことか……。



IMG_2091.jpg

手を蝋に突っこんで、
型を取ってくれるもの。

自分の手の形をした蝋の彫刻が作れます。
(作りませんでした。)どこに飾るんだ



IMG_2092.jpg

スティーヴン・スピルバーグ監督。
こういう帽子被ってるイメージがそういえば強いですね。



IMG_2093.jpg

更に進んでいくと、
ヒッチコック風な部屋に。



IMG_2095.jpg

そこを抜けるとスポーツ選手エリアに。

恐ろしいほど誰が誰か分からなかったので、
ワイワイやってるまろん氏をひたすら撮影してました。



IMG_2100.jpg

スポーツ選手の部屋を出ると次は偉人コーナーでした。
マダム・タッソーもいました。

1700年代に蝋人形の職人って、
どんな目で見られていたんだろうか、と少し気になったり。

この技術が理由で処刑を免れたという話もありますよね。



IMG_2102.jpg

アインシュタイン。
思ったより身長が低かった。



IMG_2103.jpg

ビートルズ。
偉人の部屋の次は音楽の部屋でした。



IMG_2104.jpg

マイケル・ジャクソン。
これまた人だかりが凄かったです。



IMG_2108.jpg

そして政治家コーナーへ。
デーヴィッド・キャメロン。

首相は交代したら前の蝋人形はどこにいくのでしょう。
補欠入りするんでしょうかね……? 要するに倉k



IMG_2109.jpg

ウィンストン・チャーチル。
さすがに彼は展示されていました。



政治家の部屋を抜けると、
階段をどんどんと下ろされて処刑や拷問の蝋人形の部屋へ。

暗すぎて撮影なんて出来るところじゃなかったというのと、
なかなかにアレな図なので写真はないです。
(まろん氏めちゃくちゃビビってた)



IMG_2111.jpg

そして拷問コーナーを抜けると、ハルクが。
とてつもなく巨大なハルクが。等身大。多分。


そんなわけで、次はマーベル部屋の話から。
今度こそ、あまり間を空けずに更新したいです!

多分無理だけど!

今回はこの辺で。
ではでは!
スポンサーサイト

| 日常 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1444-24ff2514

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。