">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハロウィンに遊びたい20作のゲーム

10月もそろそろ終わりが近いですね。
ということはハロウィンも迫りつつあります。


そんなわけで、
この時期に遊んでおきたいゲームを20作リストアップしてみました。


去年は映画を15本取り上げて記事を書いたので、
「ゲームより映画がいいなぁ」という方はこちらへどうぞ!


それでは早速見ていきましょう!


SHJ.jpg

Spooky's House of Jump Scares

屋敷に到着すると突然、幽霊の女の子にあなたは告げられる。
1000ある部屋を突破しない限り、ここからは出られないと――。

そんな始まり方をする本作ですが、
見た目が非常にキュートなのでプレイしやすいと思います。


部屋を進んでいくごとに、
なんだか雰囲気が少しずつ冷たくなっていくような、そんな気もします。

徐々にホラーゲームとしての本性を見せ始めるので、
友達を騙してプレイさせるのも面白いかもしれないです。




The Binding of Isaac

The Binding of Isaac

「ゼルダの伝説」を彷彿とさせるゲーム。
雰囲気は断然、こちらのほうが暗いですし、モチーフもグロテスクですけどね。

ゲーム自体は物凄くストイックです。

最近リメイク版も出ましたが、
本家のほうから遊ぶことをおすすめします。



DEAD RISING (デッドライジング) 【CEROレーティング「Z」】

Dead Rising

閉鎖された街のショッピングモールで、
72時間生き延びなくてはならないゲーム。敵はゾンビといかれた人間たち。

発売当時も武器の自由度が話題になりましたが、
改めて遊びなおすと、本当に凄いな、と。


ショッピングカートやフライパン、
更には水鉄砲まで武器として使えます。

ハチャメチャな作品なので、単純に盛り上がりたい方はどうぞ。



FNAF_2_picture.png

Five Nights at Freddy’s 2

一年間で四作も発売したことによって、
インディーズホラーゲーム界のCoDとも言われる本作。

深夜のピザ屋を舞台に、襲ってくるアニマトロニクスから身を守る内容は
実況動画などでも一躍有名になりましたよね。


何故二作目を選んだかと言うと、一番賑やかだからです。

敵の数が多くて後半戦は、
ホラーゲームというよりタワーディフェンスな感じ。


四作目はハロウィンの無料DLCもくるみたいなので、
そちらを遊んでみるのもいいかもしれません。



Sanitarium (輸入版)

Sanitarium

ポイント&クリックアドベンチャーゲームである本作。
ホラー……とは銘打たれていませんが、かなり不気味な雰囲気が漂っています。

主人公の風貌も不気味ですが、雰囲気自体もなかなか怖い。


昨今多い驚かすこと重視なゲームではなく、
じわりじわりと背筋を凍らせていくような、そんな作品です。

ストーリーに関してはあえて触れないので、
ネタバレされる前にプレイしてください。


発売されたのは1998年ですけどね。



Until Dawn -惨劇の山荘-

Until Dawn - 惨劇の山荘 -

このリストの中では一番最近の作品。
山荘に閉じ込められた若者たちを操作します。

選択によって大きく運命が変わるというシステムなので、
誰が死ぬかはプレイするたび違ってくるみたいですね。


全員生還させることも出来る……という噂も耳にしましたが、
どっちかというと皆殺しエンドがちょっと見てみたい。




ルイージマンション

ルイージマンション

ニンテンドーゲームキューブのローンチタイトルなのに、
マリオではなくルイージを主人公にもってたことで話題になった作品。

ゲームキューブのローンチタイトルって、
なかなか挑戦的だった気がします。


掃除機でお化けを退治していく、そんなゲームです。
「ゴーストバスターズ」を彷彿とさせ、任天堂らしくコミカルな印象。



RULE of ROSE

Rule of Rose

今は無きパンチラインが開発した、
サイコミステリー・アドベンチャー。

孤児院に迷い込んだジェニファーが、そこを支配する少女たちと出会い、
様々な謎を解いていく、といった内容。


全体的に妖艶な空気が漂っています。
特にダイアナの右腿の包帯は有名ですよね。

2015年現在、若干入手しづらくなっているのが難点。



スプラッターハウス 【PCエンジン】

スプラッターハウス

1988年にナムコによって
発売されたアーケードゲーム。

のちにPCエンジンに移植され、
今ではバーチャルコンソールやゲームアーカイブスなどでも遊べるように。


怪物たち思い切り叩きつけると体液が飛び散ったり、
ライフ表示が心臓だったりと、当時としては物凄く過激な暴力描写。



アリス マッドネス リターンズ (日本語版) [ダウンロード]

アリス マッドネス リターンズ

アリスを題材にしながらも、
その過激な描写と世界観で発売時に話題となった本作。

実は続編なのですが(リターンズ、と題名にあるように)、
この作品から始めても特に問題ありません。



LVC.jpg

Lakeview Cabin Collection

湖畔のキャビンに、男女四人。
典型的なホラー映画のように始まる本作。

切り替え操作しながら、仲間を殺さないように、
そして殺人鬼に捕まらないようにあれこれするゲーム。


コレクションとあるように、
今後エピソードが追加されるみたいです。

アートスタイルが特徴的。
何をもってクリアなのかは、正直よく分からない。



零 ~紅い蝶~

零 ~紅い蝶~

海外でも人気のある和風ホラー作品。
カメラを使って霊を退治するシステムが有名ですよね。

双子を操作し、地図から消えた皆神村を探索します。


非常にひんやりとした雰囲気で、
この時期だけでなく夏にプレイするのもいいかも。



SIREN

SIREN

和風繋がりということで、本作を紹介。
未だにリマスター版が出ていないことが個人的に不満です。

昭和78年の日本が舞台。
敵に乗り移る能力を使いこなしながら、戦闘を避けて進みます。


ゲームアーカイブスにもあるので、割と手軽に遊べると思います。
PS4で新作出ないかなぁ……。



ALIEN ISOLATION -エイリアン アイソレーション- 【CEROレーティング「Z」】

Alien: Isolation

ストラテジーゲームを作る会社として有名なCreative Assembly が作ったホラーゲームで、
なおかつ映画「エイリアン」の世界観をベースにしている、と聞いたとき
物凄く楽しみになったのを覚えています。


武器はあまりなく、エイリアンの位置を知らせるレーダーも
良い具合にローテクなので常に緊張感があります。

それに加え、他にも厄介な敵がいるのでいつでも気が抜けません。
高難易度は本当に無慈悲なので、覚悟して挑んでください。



Dead Space (英語版) [ダウンロード]

Dead Space

宇宙繋がりで、こちらも紹介。
日本ではその描写の過激さから発売を見送られましたが、普通に海外版でも遊べます。


本当主人公が不運で、ジョン・マクレーンのよう。
完全に自分の想定外の状況外に巻き込まれていく中、どう生き残るのか。

グロテスクな描写が苦手な方は避けておきましょう。



バイオハザード

バイオハザード

ゲームをやったことがない人でも、
題名くらいは知っている……と言われるくらい有名な作品。

猟奇的な事件が起きた郊外の調査に向かった特殊作戦部隊が、
突如消息を絶ったところから始まります。


主人公らが逃げ込んだ館には、
人間以外の何かが蔓延っていて……。

限られた弾薬と、ラジコン操作と、館という舞台設定が
他のバイオハザード作品にはない、元祖の貫禄を醸し出している気がします。


なお最近HDリマスター版が出たので、
まだプレイしたこのない方も、この機会にどうぞ。



九怨 -kuon-

九怨

「アーマード・コア」シリーズや「DARK SOULS」シリーズ、
そして今年発売された「Bloodborne」の開発会社として有名なフロム・ソフトウェアの作品。

陰陽師を操作する、というなかなか変わった作品。


いかにも和風ホラーなパッケージですが、
どちらかというとアクションゲームな感じです。

ちょっとシステムに難はありますけどね。


これを近年の作品風に高難易度のアクションゲームとしてリメイクしたら、
なかなか面白いゲームになると思うのですが、どうでしょうか、フロムさん。



obscure_ps2box_usa_org_000.jpg

Obscure

行方不明になった友人を探すべく、学校内を探索するゲーム。
二人協力プレイのホラーゲームの数少ない成功例。

元々PS2で出たタイトルですが、
現在はPC版などもあるのでプレイはしやすいかと。


二年後が舞台の二作目もありますが、
こちらは個人的に少しシステム面で苛々することが多かった気がします。



LOLLIPOP CHAINSAW PREMIUM EDITION 【CEROレーティング「Z」】

ロリポップチェーンソー

究極の馬鹿ゲー。

頭だけになって恋人ニックを腰からぶら下げ、
チアリーダーであるジュリエットはゾンビを薙ぎ倒していく。


もう本当にはっちゃけてて、
こんなに好き勝手作ってよかったんですか……? とちょっと心配になる。

ただ単純に楽しいゲームがやりたい方は是非。



Red Dead Redemption: Undead Nightmare (輸入版)

Red Dead Redemption: Undead Nightmare

「Red Dead Redemption」という西部を舞台にしたゲームの、
いわゆる拡張DLCなのですが、のちにスタンドアロンタイトルとして円盤もリリースされました。

西部劇、そしてそこに溢れ返るゾンビ。

リボルバー片手に、
最強のガンマンとして歩く死体たちを撃ち抜いていく……。


設定だけでもご飯三杯いけるのに、
ちゃんと面白いのでやって損はしません。







以上、私がハロウィンに遊びたい20作のゲームでした。
参考にして頂けたら嬉しいです。

泣く泣くカットしたゲームがいくつもありまして。
具体例を挙げると「クロックタワー」や「サイレントヒル」や「ナナシ ノ ゲエム」などです。


ホラーゲーム、というだけではなく、
ハロウィンに個人的に遊びたいかどうか、というのも基準になっているので、
その点はご了承ください……!



……これ最後に言うことじゃないね?





そうは言うものの、来年ももし似たような記事を書くことになった場合
これらのゲームがもしかしたら取り上げられるかもしれません。


自分にすら分かっていないので、今はなんとも言えませんが……!


というわけで今回はこの辺で!
ではまた。
スポンサーサイト

| 雑記 | 09:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1451-cbf8dda7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT