ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015年ボカロ曲10選



今年もこの時期がきましたね!

今年の名盤10選2015」の記事での宣言通り、
2015年ボカロ曲10選です。



2015年にニコニコ動画に投稿されたVOCALOID楽曲から、
特に気に入ったものを10曲選ばせていただきました。

曲順もあれこれ試行錯誤しながら選んでいるので、
是非通して聴いてみてください!


ちなみに。

2014年の記事はこちら→ 
2013年の記事はこちら→
2012年の記事はこちら→
2011年の記事はこちら→




前置きはさておき。
以下、一曲ずつのコメンタリー(っぽいもの)です。

敬称略。






パズルガール – とあ

跳ねるような音とチクリとする詞が、
上手くパズルのように組み合わさった曲。

本当に歌ったときの響きが大切にされているな、
と思うような言葉のチョイスで、なんだか切なくも楽しい気分になります。





ニュース39 – Mitchie M

変わり種なこちらの曲。

ニュース番組のような構成で次々と飛び出す音と、
遊び心溢れるPVが心に残ります。





プラトニック・ラヴ – メル

軽快な曲調に少しビターな言葉を乗せるのが
物凄く上手いメル氏の曲。

本作も甘酸っぱさがあります。
シンセの使い方が好き。





サイコなわたし – 石風呂

些かやけくそで、勢いのある楽曲。
聴いていてすごくすっきりとします。

心では思っていても言えないようなことを、
上手く表現している気がしました。





なんてね、 - 黒田亜津

弾き語りのような静かな曲。
ボーカロイドの調声の仕方も聴きどころ。

今にも泣きだしそうな声で歌い上げる部分は
鳥肌が立ちます。





仄暗い夜街のネーヴェ - TaKU.K

気を抜いたら置いていかれそうな疾走感。
積み上げて積み上げて、その先を行くような曲です。





わたあめ色の花火空 - 蒼空まめ

ブラスが印象的な曲。
ソロパートも「そのタイミングでくるか!」という感じでした。

何回聴いても飽きないです。
PVと歌詞の言葉のチョイスも良い。





きかせたいのは - ねこぼーろ

淡々としているようにも思えるリズムに乗せて、
前向きな思いになる音を綴っていく様はもはや職人芸の域。

ここまで自分の曲を理解して言葉を充てていける人は
あまり見かけません。





さよーならみなさん - 椎名もた

駆け抜けていくような、そんな曲。

大人の都合や、
いつからそちら側に自分がいたのか、など
成長する痛みが込められている印象。

旋律のセンスはさすがといったところ。





シュガーバイン - Dixie Flatline

明るい曲調の失恋の曲と言ったらDixie氏。
今回も耳に残るメロディで、思わず鼻唄を歌いたくなります。

聴いているとポジティブな気持ちになってくるので不思議です。




以上、2015年のボカロ曲10選です。
今年も10曲だけ選ぶのは大変でした。


10選といえば今年は歌ってみた動画の10選もやってみました。
よかったらこちらへ。


近々今年の映画のトップ10・ワースト10の記事も公開します。
よかったらそちらもどうぞ!



今回はこの辺で。
ではまた!
スポンサーサイト

| にこにこ | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1463-c57ef7b3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT