">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

楽しみにしている映画15選 - 2016

あけましておめでとうございます!
新しい年の始まりですね。


そんなわけで、今年もこの一年間に公開される映画の中から
特に気になっているもの15作品をピックアップしてみたいと思います。

もしかしたら昨年同様、
この中から2016年トップ10映画のリストに入るものや、
逆にワースト10に入るものがあるかもしれません。

これは現時点の情報のみで、あくまで個人的に楽しみにしているものなのでご了承ください!


では早速いってみましょう。
掲載順は、現時点での公開日順となっております。





Pride.jpg

「Pride and Prejudice and Zombies (原題)」

最初に「高慢と偏見とゾンビ」が映画化されると知ったとき、
いや、何かエイプリルフールかのジョークだろう、と思っていたのですが。

ジョークでもなんでもなく、
実際に作られてしまったという。

これは上手くいけば物凄く面白く、ハズレならばとてつもない駄作になりそうな、
とてつもなく大博打な映画の印象。







Hail Caesar

「Hail, Caesar! (原題)」

コーエン兄弟の映画はほぼ全て好きなので、
本作の15選入りは必然的でした。

微妙なときはとことん微妙なので、少々警戒していますが
楽しい映画であることを願います。





Deadpool.jpg

デッドプール

あのテストフッテージを見てからというもの、
この映画にわくわくしていないアメコミ映画ファンはいないのではないかというほど。

あ、まあDCのガチファンかつマーベルのアンチとかはアレか。

どれくらいメタで型破りなジョークが飛び交うのか、
今からハラハラしています。





Zootopia.jpg

ズートピア


ディズニー長編アニメーション最新作。
これに関しては「ベイマックス」の公開前から楽しみにしていました。


久々の動物が主役で、なおかつミステリー要素有りだなんて、
そりゃ期待してしまいますよね。





Triple9.jpg

Triple 9 (原題)」

出演陣がケイシー・アフレックに、ノーマン・リーダスに
ウディ・ハレルソンととても豪華なのと、
「欲望のバージニア」を手掛けたジョン・ヒルコート監督の新作ということで。

強盗映画みたいですね。





Batman-v-Superman-Dawn-of-Justice.jpg

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

何故「マン・オブ・スティール」がそれほど好きではなく、
最近のDCコミックが原作の映画がアレだと思いつつもこれが楽しみか。

簡単です。

バットマン、スーパーマン、共演、対決。
以上。




Jungle Book

「The Jungle Book (原題)」

製作発表されたときは「また実写版/リメイクか……」と少々懐疑的だったのですが、
ジョン・ファヴロー監督であるというのを知り、去年の「シンデレラ」を観て、
更に予告編を見たあとで完全にこの雰囲気の虜になりました。

期待してます。





Civil War

「Captain America: Civil War (原題)」

マーベル・シネマティック・ユニバース最新作。

去年公開された二作品はどちらも「まあ、好きだけどとてつもなく好きってほどでは……」
という感じだったので、私にとってこの作品はとても重要だと思います。

ストーリー的にもそうですが、
私がどれほどMCUの今後の展開にわくわくするか、という意味でも。





np.jpg

「The Conjuring 2: The Enfield Poltergeist (原題)」

「アナベル 死霊館の人形」は最悪でしたが「死霊館」は好きだったので。

やっぱり監督を変えて素早く作られた新作は、
シリーズ作品として扱わなくていいと思うのです。


ジェームズ・ワン監督が再びメガホンを取り、
一作目の出演陣が戻ってくるので、個人的にとても楽しみです。

2015年は雰囲気が好みどストライクなホラー映画がなかったので余計に。





The_BFG_Logo.png

「The BFG (原題)」

「オ・ヤサシ巨人BFG」の映画化作品。

ロアルド・ダールの執筆した原作が大好きなのと、
監督がスティーブン・スピルバーグということで。

昨年亡くなったメリッサ・マシスンが最後に書いた脚本でもあります。
「E.T.」の脚本家として有名な方です。





Pets.jpg

The Secret Life of Pets (原題)」

イルミネーション・エンターテインメントの新作。
昨年「ミニオンズ」でヒットを飛ばしたスタジオです。

コンセプトとしては「トイ・ストーリー」のペット版、
みたいな感じなんでしょうか。





Suicide-Squad-logo.jpg

Suicide Squad (原題)」

キャストの噂が出始めたときからこんなツイートをしていた私です。


そろそろ悪役が主人公のアメコミ映画が観たい、
と思っていたのでSuicide Squadの映像化は嬉しかったです。

正直同じ世界で展開される作品としては先述した、
億万長者なコウモリと新聞記者な宇宙人が対決する映画よりも楽しみ。





doctor-strange-logo-600x337.jpg

「Doctor Strange (原題)」

マーベル・シネマティック・ユニバースの2016年二作目。

監督がホラー畑なスコット・デリクソンなので、
今までのマーベルとは結構違った作品になる気がしています。

ホラー要素有りなMCU作品とか、凄く見たいです。





Rogue One

「Rogue One (原題)」

スター・ウォーズのスピンオフ映画第一弾。
デス・スターの計画を盗む作戦を描く模様。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒」より作風の予想がつかないという意味では、
こちらのほうがどきどきと不安が大きいです。


それにフェリシティ・ジョーンズですよ?
キャスティング担当した方に直接感謝したいくらい。(ただのファン)


楽しみ。





assassin-creed.jpg

「Assassin's Creed (原題)」

ゲームを原作にした映画は、未だに素晴らしいと思えるものが作られていないと思うのですが
本作はもしかして、もしかすると、そう思える作品の一つ目になるかもしれません。


昨年に公開された「マクベス」(日本公開は今年の6月)を手掛けた、
ジャスティン・カーゼル監督なので少なくとも見た目は凄まじい作品になるかと。

その代わり脚本家が正直不安な面子。
早く観て確かめたいです。




------------------------------------------




というわけで、今年楽しみにしている映画15選でした!

ここでリストアップした作品たちが、
実際にいい映画であることを願ってます。


今年も、今は存在すら知らない映画がトップ10入りする気がしています。
毎年、どこからともなく名作が現れるのでそれも楽しみです。

逆にワースト10入りする作品も出そうです。
去年もありましたからね。




何はともあれ、
2016年の映画で個人的に気になっているものたちでした!
わくわくしますね!


ではでは、今回はこの辺でお暇させていただきます。
またお会いしましょう!
スポンサーサイト

| 映画 | 11:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1467-ca4e136e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。