ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

履き古した靴下をなくすということ

洗濯をし、しっかりと干し、取り込んで畳んだはずなのに、
いつの間にかなくなっていることが、靴下は多い気がします。

いずれにせよ寿命なのだから、まあいいか、とも思うのですが
なんだかずっと家の中を彷徨っているような気分にもなります。




pixivに短編を上げたり、やたらツイッターで自分から盛り上げたり、
これまでいろいろとやってきたのですが、なんだか今年はこうやって
だらだらとまとまりのない文章を書くのがしっくり来るように思えまして。

というより映画レビュー溜まってるの書けよ、みたいな感じなのですが。


既にツイッターでは祝ってくださった方も多いのですが、また一つ年を取りまして。
日本では二十歳が大きいですが、私の住む英国では
何故かその次の年のほうが大きいみたいです。


なのでいろいろと抱負やら目標やらを聞かれましたが、
とにかくいい年の取り方をしたいなー、くらいしかないです。
あまりにも今まで通り過ぎるのはさすがにアレですけど。



16歳の誕生日はなかなかにしんどかった覚えがあります。
イギリスに行くことが確定し、後戻りはもう出来ないという中で迎えたので。

単純に10代の後半に差し掛かったというのもあるのかもしれませんけれど。

今思うと本当に親不孝なのですが、
19歳になるまでは毎年誕生日が何故だか少し苦痛でした。

そこを越えたらなんともなかったですが。
純粋にいろいろと重なって辛かった時期でもあったのかもしれません。

成人を迎えたときよりも、
あのときのほうが断然不安は大きかった気がします。




で、本題。



やっぱりこれからも好きなものは好きでいたいな、なんて思います。
自分にとっては散文を書くことだったり、映画を観たり、ゲームをしたり。

大人になったらそういったものを減らさなきゃならない、
そんなじゃ社会では通用しない、などなど、私もいろいろ言われてきましたが
別にそうとも限らないような気がしています。


自分は「そういうことは出来ない」と伝えていくより、
「こういうことも出来る」と伝えられるようになりたいな、と。

基本ネガティブ気味な人なので、
そこら辺もこの一年で変えていきたい次第。


そんなわけで、普段と比べて少し真面目な感じでしたが
これからもよろしくお願いします。

こういう記事を書いておけば、きっと恥ずかしがってもっと更新するだろうなと。
更新しまくってこの記事をどんどん流していくだろうな、と。


こうでもしないと本当にレビューもろもろ溜めちゃいそうなので。


また一年、ほどほど頑張っていきます。
ではでは。
スポンサーサイト

| 雑記 | 08:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1486-2e929876

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。