">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

E3 2016 - 一日目感想・まとめ

e32016.png

さて、EA PLAYも終わりいよいよE3が始まりましたね。

初日のカンファレンスはBethesdaのみですが、角川ゲームスの行った
KADOKAWA GAMES MEDIA BRIEFING 2016 SUMMERについてもまとめておきます。


後者は配信が何もなかったので公式動画や、
実際に行った方々の情報をもとに書きますね。




bethesda.jpg

【Bethesda】

全体的な印象としてはよくまとまっていたものの、
パンチはいまいち足りなかったかな、と。

去年が凄すぎたのもありますが。

初めてのカンファレンスで、
なおかつ「Fallout 4」があった去年と比べるのはフェアじゃない気もしますけどね。


以下気になった点、惹かれたゲームなどです。





・Quake Champions

Quakeの新作。

フレームレートの上限なし、などといったスペック関連の話から
恐らくPCのみのリリースになるんじゃないかな、と思ってます。

個人的に今年出た「DOOM」はとてもよかったので、
Quakeも同様の丁寧さで作られたら凄まじいものになるんじゃないかな、と。


近いうちゲームプレイ映像も見たいですね。
Quakecon 2016で初公開されるのが打倒?



・Fallout 4 のDLC

「Contraptions Workshop」と
「Vault-Tec Workshop」と
「Nuka-World」の三本が発表。


一本目のDLCは用途がよく分かりませんでしたが、
なんだかピタゴラスイッチのようなものが作れる模様。

実際どれほどゲームに影響を及ぼすかは不明。
6月21日配信なので、割とすぐですね。

紹介動画はシュールでよかった。



二本目のDLCは自分でVaultを建設出来るようになるもの。

「Vault内の人間で実験をしよう!」と言っていましたが、
それがどういう形で遊べるのかは謎。

本編とかなり矛盾してしまうようなDLCに思えるので、
どういった風に取り扱われるか若干不安です。

7月配信予定。



三本目のDLCはヌカコーラを題材にしたテーマパーク。
これは新しいクエストなどが追加される、らしい。

またしても映像からはよく分かりませんでした。
これが最後のストーリーDLCになる、という噂が出ていますが、どうなんでしょう。

こちらは8月配信予定なので、
三ヶ月連続で何かしら追加される形になりますね。



・「スカイリム」のリマスター版

PCで遊んでる人には
「Mod使ってるからいらない!」という感じだとは思いますが、
コンシューマ機でも綺麗なグラフィックで、更にModも使えるようになる、とのことでした。

噂も出回ってたので特に驚きも何もなかったですが、
意外と買う人はいそうな気がします。

Steam版を持ってる人には無料でアップデートがくるらしい。



・「Prey」の発表

えっと、なんでしょうかこれは。

予告編が流れ始め、まるで毎日がループしているような、
それでいて違う日……ひたすらルーチンをこなす、そんな不気味な描写。

そのあとにサイコスリラーらしく、
影に襲われたり暗い中で彷徨ったり。


最初に「なんでしょうかこれは」と言った理由は、
元々「Prey」というゲームが存在したからです。

更に数年前まで「Prey 2」という、
賞金稼ぎになって銀河を冒険するゲームが開発中止になったばかり。


「Prey」にも「Prey 2」にも似ていない
この新生「Prey」が一体なんなのか、非常に気になります。

個人的にはPreyの題名が見られただけでもハッピーですが、
今後過去作との繋がりがちゃんと明かされるのか、不安でもあります。

あるいは名前だけが一緒で、全く関係ない作品なのでしょうか。
だとしたらかなりいらっときますが、続報を待ちましょう。



・「DOOM」の体験版が配信。

DLC諸々の発表もありましたが、
個人的には特に興味が湧きませんでした。

それよりくすっと来たのが、
初代Doomの時代のように体験版を紹介したこと。

シェアウェア、と呼んでたことにくすっときました。



・VRゲーム

「DOOM」と「Fallout 4」のVR版が出るとのこと。
2017年を目標に開発中。

後者はVRになるとどうなるのか想像がつきませんね。
HTC Vive向けにリリースし、いずれOculus Riftにも対応予定。



・「Dishonored 2」のゲームプレイ。

勘違いしないでいただきたいのは、
このゲームを自分はとてつもなく楽しみにしているということ。

そうは言ったものの、この部分、非常に中弛みした印象。

一時間しかないカンファレンス時間の大部分を割いてしまったことによって
ペースが悪くなっていたのが残念だな、と。


ゲームプレイ映像自体も、予め録画しておいたものなら
もう少しテンポよく編集したほうがよかったのでは?

時間が狂った屋敷内のステージは面白そうだな、と思いました。



Bethesdaももう出てるソフトや
発表されている作品に関するリマインダーが多かった気がします。

完全になくせ、とはいいませんが
毎年カンファレンスをしないほうがいいような。

全体的には好印象ですが、
来年は余程な重大発表がない限りE3不在でもいいかな、と。




Kadokawa-Games-Summer-Media-Briefing-2016.jpg

【角川ゲームス】

KADOKAWA GAMES MEDIA BRIEFING 2016 SUMMERですが、
なんというか、うん、何故この日にやったのでしょう。


EAみたいにE3に便乗した形ならまだ分かるのですが、
この時期にカンファレンスをするのに配信しないのって意味があるのかな、と思ったり。

外国人がたくさん混乱していましたし、
プレスのみに向けたものなら別の時期でもいいのでは?


「デモンゲイズ2 」と「√Letter ルートレター」は楽しみですが、
それ以外特に言うことはないです。





そんな感じでとてつもなく眠いのですが、
以上、初日のまとめでした。

Microsoftのカンファレンスは残念ながら配信を見ることは出来ませんが、
同じように情報や感想はまとめるのでよろしくお願いします。


ではでは。
スポンサーサイト

| 雑記 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1499-0dcf4a31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT