">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

E3 2016 - 二日目感想・まとめ

e32016.png

E3二日目のカンファレンスも無事(数日前に)終了しましたね。
全体的に気になるゲームや総括はE3終了後に書く予定です。

この記事はXboxとPC Gaming Showと
Ubisoft、そしてソニーのカンファレンスについてです。

書きたいことがいっぱいあって遅くなってしまいました……。
一日目の感想はこちら


それでは早速Xboxのカンファレンスの感想から。




XboxLogo.jpg

【Xbox】

毎年あまり興味が湧かないカンファレンスなのですが、
今年はなかなかに良かったと思います。

これまでだったら興味のなかったようなものも、
「おっ?」と思わせる見せ方をしていたり。


以下気になったこと諸々です。




・Xbox One S

冒頭から新型発表。
見た目のすっきりさに惹かれます。

8月発売ということで割とすぐ出ますね。
勢いのあるカンファレンスの始め方だと思いました。



・Gears of war 4

ギアーズは一作目を少しやったくらいなのですが、
これは良さそうだな、と思いました。

何より嵐の雰囲気がよく出ていた。
風で敵がこっちに飛ばされてきたり、瓦礫が宙を舞ったり。

期待する作品の一つになりました。
台詞の掛け合いは少々硬かったですが。



・ReCore

去年のE3でCGの予告編が流れ、
もう少し内容が見たい、と言っていた作品。

このたびゲームプレイを見ることが出来たのですが、
なんだか「ジャック×ダクスター」辺りの昔ながらのゲームの雰囲気がある気がします。

個人的にとても期待してます。




・Final Fantasy XV

巨人と戦うデモ。実際にステージ上でプレイしていたように見えます。
なんだかすんなりと倒せてなかった辺りがリアルだったので。

これを見てこの作品が楽しみになったのは確かです。

自分は恐らくPS4版を手に取ると思いますが、
FF15をXboxのカンファレンスに取り込めたのはMicrosoftにとってプラスになるのでは?



・Minecraftのクロスプラットフォーム

地味なニュースですが、Xbox Liveを経由して
iOS・Android・Windows 10間で一緒に遊べるのはいいなと思いました。

Minecraft Realmsという名前はちょっとアレですが。



・Xbox Design Lab

800万通りの組み合わせで
コントローラーをカスタマイズ出来るらしい。

これまでも非公式のカスタマイズコントローラーは存在していましたが、
それを公式のサービスとして展開するのは面白い。


ただ注文が殺到してコントローラーが届くまでに
かなり時間が掛かる、なんてことにもなりそう。



・ID@Xbox

インディーズゲームを紹介したコーナー。

「Limbo」の製作陣の新作「Inside」や、
個人的に毎年この時期になるといつ発売されるんだ!と叫んでる「Cuphead」や、
「Outlast 2」や「Yooka-Laylee」や「Stardew Valley」などなど、
とにかく凄まじい数のタイトルが次々と
Xbox OneとWindows 10向けに発表されていました。



・We Happy Few

前から楽しみにしていたので「お!?」と思ったのですが、
いわゆる早期アクセスであるXbox Game Previewだったので、
少々がっかりしました。そろそろ発売日を発表してほしかった。



・鉄拳7

発売時期は2017年の頭。
CGのドラマパートと格闘パートがシームレスに繋がっていました。

鉄拳シリーズに関してはずっとファンなので、とにかく楽しみ。



・Dead Rising 4

数日前に情報が流出してしまったのが惜しまれるものの、
それでもこの予告編からシリーズ特有の楽しさはしっかりと伝わってきました。

どうやら今回はクリスマスが舞台で、
発売時期も今年のホリデーシーズン。

個人的にこの方向性は非常に面白いと思います。
フランク・ウェストが帰ってきたのが嬉しい。



・Scalebound

蟹さん10周年とTwitterで言われまくってたのが面白かったです。
そういえばE3の黒歴史である2006年の「GENJI -神威奏乱-」発表から10年ですね。

本作とは全く関係ないですが。


プラチナゲームズの新作ということで期待。
四人協力プレイがあるとは思わなかったです。

とてつもなく壮大でした。



・Project Scorpio

なんだかいまいちはっきりしなかったのが、
これはXbox Oneの強力版なのかあるいは新機種なのか。

前者ならXbox One Sの存在意義があるのかよく分かりませんし、
後者ならかなり早くこの世代の機種を撤退させるつもりなんだな、という感じ。


いずれにせよ来年のホリデーシーズンには出るということで、
また近いうちに続報を聞くことになりそうです。




ちらほら個人的にどうでもいいような部分も含まれていましたが、
ゲームについてのみ話していたのは好印象でした。

さすがに学んだようですね。HoloLensなどもなかったですし。


ただ、予告編を流すときにちょくちょく
観客を映していたのは若干苛々しました。

邪魔されず通して見たいものだと思うので。


総合的にはなかなかいいカンファレンスだったと思います。



PCgamingshow.jpg

【PC Gaming Show】

今年もなんだかテンポが悪い印象でした。
とにかく間延びする。

トークショーっぽくしてるのは好感がもてるのですが、
その分時間がとてつもなく掛かるというか。

なんとかしたほうがいいと思います。


以下気になったゲーム二本。



・Observer

「Layers of Fear」の製作陣の新作。
今度はSFということで、若干気になりました。

自分の頭の中に秘めた恐怖がハッキングされ、
それが悪用されたら……? という内容。

「インセプション」なホラー、って感じでしょうか。



・The Turing Test

とてつもなく「ポータル」っぽ雰囲気でした。
なんというか綺麗で、気になりはしますが、どうなんでしょうね。



やっぱりなんだか飽きるカンファレンスでしたね。

去年は長すぎたのですが、
今年はそうでないのにも関わらず、眠くなるような。

次こそなんとかしてください。



ubisoft_e3_2016.jpg

【Ubisoft】

良かったところと悪いところがこう、
絶妙な具合に互いを打ち消していた印象。

なんだか後半かなり長引いてましたね。


冒頭、いきなりダンスで始まる辺りがさすがUbisoftだな、と。

「Just Dance 2017」のアナウンスだったわけですが、
やり方が頭おかしい(褒めてる)

そしてこのアナウンスで一番興味深かったのが、
ニンテンドーNX版も出る、と言っていたこと。

Wii Uのときも初めはサポートしていたので、またそういう感じかな、と。



以下気になったゲーム諸々。



・Ghost Recon Wildlands

四人別々の位置から始まり、
協力しながら任務をこなすゲーム。

またしても一緒にやる人がいるのといないのとでは
かなり楽しさが違うような作品に見えました。


あとUbisoftのことなので、
実際の製品はここまで細かくないと思います。



・South Park: Fractured But Whole

去年のE3で紹介されたもの。
今回は長めの予告編と、更にはどういったシステムかの発表。

トレイ・パーカーとマット・ストーンの二名が登場し、
どういった経緯でアメコミを題材することになったか話していました。

いや、めちゃめちゃ面白かったですね。



・Steep

この作品が発表される頃には
とてつもなくカンファレンスが長引いていました。

ウィンタースポーツの大作ゲームは
最近少ないのでこういうのは面白そうですね。



とにかく後半長引いていた印象を受けたUbisoftのカンファレンス。
特に映画の話や、長々とした開発者の話はここじゃなくてもいいだろ、と。

「Watchdogs 2」に入る頃には寝そうでした。

多分30分くらい短くしたほうが、
テンポがよくなって隙が少なくなるのでは?



SONY E3 2016

【ソニー】

ソニーはショーと言っていたのが印象深かったです。
大抵ブリーフィング、あるいはカンファレンスと呼ぶので。

オーケストラ団もいて、
更にはベニューちゃんとした劇場だったことに驚きました。


以下先ほどまで同様、気になったもの諸々です。



・God of War

以前コンセプトアートが流出してしまっていたので、
この作品の存在自体は意外ではなかったのですが、
発表の仕方がとてつもなく上手いな、と思いました。

オーケストラ団の演奏が始まり、
陰の中からクレイトスが出てくる演出に鳥肌が立ちました。

タイトルに「4」はついていないものの、
続編であるとのこと。


今回のGod of Warは前作までの遠くから写すカメラワークではなく
クレイトスの真後ろをずっとついて回っていたので、
なんだか妙に落ち着いた印象を受けました。

もちろん最後には巨大な敵と戦いますけどね。



・Days Gone

もし「クラッシュ・バンディクー」の新作が出るなら、
Bend Studioが担当するんじゃないか、と思っていたのですが
まさかPS4向けの大作を開発していたとは。

2011年の「アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり」以来ずっと沈黙していたので、
個人的にこのスタジオが何をしているのかとても気になっていました。


伝染病が蔓延した世界でバイカーな主人公を操作するみたいですね。
フリークスと名前は違うもののよくあるゾンビものか、と思っていたのですが、
デモを見てハラハラ感がすごいな、と。

「デッドライジング」シリーズも一度に出てくるゾンビの量はすごいですが、
本作は絶望的になるくらい追っかけてくるのでびくびくしますね。


予告編とゲームプレイのデモを分けて紹介したのも
テンポ的な意味でよかった気がします。

ただ大トリに向いていたかは微妙なところ。



・人喰い大鷲のトリコ

去年、実に6年の沈黙を破って再発表された訳ですが、
今回のE3では遂に発売日がアナウンスされましたね。

既に長い映像は去年見せたからか、
テンポのいい予告編で済ませていました。



・Horizon Zero Dawn

発売日が来年になったのは残念ですが、
ここで見たゲームプレイによって更に期待は高まりました。



・Detroit: Become Human

ツイッターなどでつぶやいていたにも関わらず、
存在すら忘れていた作品。

面白そうだとは思いますが、この製作陣は
個人的にクオリティにむらがあると思うので、少し不安。

コンセプトは「ブレードランナー」と
「バタフライ・エフェクト」を合わせたような感じ。



・バイオハザード7: レジデント イーブル

噂通り、かなりのホラー路線できましたね。
それにしても去年のE3の「Kitchen」がバイオ7のプロトタイプだったとは。

製品版も一人称視点なんでしょうか?

そうだとしたらまたしても賛否両論巻き起こしそうですが、
自分はとにかくこのホラー路線に戻ったのが嬉しいのです。


海外でのタイトルが「Resident Evil 7: Biohazard」と
日本でのタイトルを副題に付け、日本のタイトルは英題を副題に付けていることから、
個人的にはこれがある種再スタートを切る為の作品なんじゃないかな、と思ってます。



・Call of Duty: Infinite Warfare

題名を最後に持ってきたのが賢いと思いました。
普通に面白そうだと思いましたもの。

ただやっぱりこれをCoDでやるべきだったかどうかは分かりません。

EAの「バトルフィールド」と「タイタンフォール」のように、
別シリーズとして扱っていたらここまで批判されなかったはず。



・クラッシュ・バンディクー

「今日はTシャツ、着てないけどね!」と
Shawn Laydenが言った瞬間、去年のPSXを許しました。

クラッシュがHDリマスターという形ではあるものの、
PS4に帰ってきます。嬉しい。

生まれて初めて、少なくとも物心ついて最初にやったゲームが
クラッシュ・バンディクー2で、尚且つネットを触り始めた頃に入り浸っていたサイトが
クラッシュのファンサイトだったので、自分にとって
とてつもなく思い入れが深い作品なのです。

頼んだぞ、アクティビジョン……。


あ、スカイランダーズのほうはどうでもいいです。



・Death Stranding

小島監督の紹介の仕方や、彼が
「マッドマックス / 怒りのデス・ロード」の曲合わせて登場したことだけで、
もうとてつもなく興奮しました。

そこからの「I'm back!」ですよ。

いやもう本当、コナミはパチンコ作って
そこでコジプロがゲーム作るの見てな、みたいな勢いでした。


題名だけ発表されるのかと思いきや、
まさか予告編まで見られるとは。

ノーマン・リーダスが出演していること以外、
自分はあまりよく分かりませんでしたが。

次に情報が公開されるまでは考察合戦ですね。



・スパイダーマン PS4

Sucker Punch Productionsがスパイダーマンのゲームを作ってる、
という胡散臭い噂はあったものの、個人的にあまり信じていませんでした。

まさかInsomniac Gamesが作っていたとは。

こういった大手スタジオが有名なアメコミIPのゲームを作る、
というのはあまり聞いたことがないので楽しみです。

同じような暗さを望んでいるというわけではなく、
クオリティ的にRocksteadyのアーカムシリーズに近くなってほしいな、と。


最近のマーベルのゲームで
ずば抜けてよかったものはない気がするので。



ソニーのカンファレンスはとにかくテンポがよかったです。

喋りがあるときも基本1分以内に切り上げ、
ひたすらゲームに専念していたのが好印象でした。

二年連続で、ソニーのカンファレンスは成功だったかと。
来年も期待してます。




と二日目のカンファレンスの感想はこんなところ。
長くなってすみません。あと更新が数日遅くなりました……。

E3終了後、カンファレンスには登場しなかったゲームも含め
気になる作品をまとめて紹介するのでよかったらそちらもどうぞ。


ではでは。
スポンサーサイト

| 雑記 | 07:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1500-f5e89e01

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT