">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Pokémon GO - プレイ感想

Logo.jpg

かれこれ数週間プレイしたので、
今のところの自分のPokémon GOに関する感想を。

もう既にこのアプリに関する話題は聞き飽きたよ、といった方や
まだまだ地道に続けている方といろいろいるとは思いますが。


大雑把なゲームシステムと、
それについて自分の思うこと諸々を絡めてまとめますね。
(そういう書き方が一番楽だかr)






この予告編で描かれているものと実際のアプリの違いが、
恐らく一番分かりやすい改善点かな、と思います。

ジム関係なしに行えるプレイヤー同士の対戦と、
フレンドユーザーとのポケモンの交換。


これらは予告編に入っているくらいなので、
近い内実装されるとは思いますが、それでも初めて遊んだときは拍子抜けしました。



Screenshot_20160714-141322.png

アプリを起動すると大したチュートリアルもなく
割と唐突にゲームは始まります。

今でこそいろんなユーザーと情報が交換出来るので問題はないですが、
英国での配信開始直後は何をすればいいのか、はっきりしていなかった気がします。

冒険心や自分で探りながら気付いていく仕様、と言えば聞こえはいいですが、
基本的なシステムくらいは説明があってもよかったような。



sketch-1468630991345.png

こんな風に現れたポケモンを捕まえるシステムは
自分の高校時代に流行ったPaper Tossというアプリに似たものを感じました。


誰にでも取っつきやすく純粋に捕まえることだけに集中させる為か、
自分のポケモンを使い、相手を弱らせてからモンスターボールを投げる、
といった本家シリーズの要素は排除されてます。

最初はこの選択に首を傾げもしましたが、
このアプリはこのシンプルさが売りなのかな、とも。



Screenshot_20160714-184339.png

開発会社であるナイアンティックの前作、Ingressの際のポータルとなっていた場所の多くが
本作では、アイテムや経験値を貰えるポケストップやジムに設定されています。

この部分で程度はあるにしろ、
地域によってプレイの環境が結構違ってしまうのが問題。

モンスターボールを切らしやすいのもありますが、
単純にポケモンが出現しにくい等、なかなか不利になってしまった印象。


Ingressは相手チームのポータルを乗っ取る、自分の色に染めていく、
というのがゲームの主軸だったので移動距離が多くても
格差はこれほど目立っていなかったような気はします。

もちろん、近くにポータルがあったに越したことはなかったですが。


今のところこのゲームはポケモンを捕まえることがメインなので、
出現しない、道具が極端に足りなくなる、というのは問題かな、と。

課金すればいいのにという声もちらほら見かけましたが、基本無料のゲームに課金するのと
課金しないとまともに遊べないというのは話が違うと思うので。



Screenshot_20160721-200729.png

課金自体は、まあこんなところでしょうね、
と思うようなアイテムと価格。

ここで買えるものと買えないものの設定は
相当考えたんだろうな、という気がします。


ポケモンの強化に必須なアイテムは買えませんし、
ボールもモンスターボールしか買えません。

課金するといろいろと有利にはなりますが、
pay-to-winではないので特に気にはならないかな、と。



Screenshot_20160714-203101.png

経験値を溜め、トレーナーレベルが5になると所属するチームを選べます。
ですが今のところ正直あまり意味はないです。

前述したジムが味方の色だったら、ジムを強くしたり、
そこにポケモンを置いたり出来ます。

敵の色だったら戦い抜いて乗っ取ることが出来ます。


そうは言うものの、陣取り合戦の要素は少なく
戦闘システムもあまり面白いとは言えないのが残念。

取ってつけたような、そんな印象すら受けます。
このバトル部分は純粋に、楽しくないです。

だからと言って本家のようなシステムにすると、
今の手軽さはなくなってしまうのかな、と。

それに無料で出来るこのアプリでそんなシステムを構築したら、
有料ソフトである「ポケットモンスター サン・ムーン」にも響きそうですしね。

単純にそんなシステムを作るリソースがないのかもしれませんが。



TEAM.jpg

アバターとチームとコインなどを確認する場面。

ぼうけんノートは最初機能してるのかしてないのか、
いまいちよく分かりませんでしたね。

ポケモンとの距離を示す足跡の数も、
捕まえたときに記録される地図も、最近まで完全にぶっ壊れていましたね。


なので外部ツールで補っていた方も多いと思うのですが、
これも先週末のアップデートで完全に封じられてしまいました。

詳しくは後述。


アプリ自体の完成度やゲームとしての面白さは、
断然Ingressなどのほうがある気がします。

本作はポケモンであることと、本来の意味の
「ソーシャル」な「ゲーム」だということが大きいのではないでしょうか。

プレイヤー同士の交流なども楽しみつつ、
燃え尽きてしまわない程度に自分のペースでやるのが
すぐ飽きないコツなんじゃないかな、と。

もう少しチームが対抗している設定をゲームに上手く落とし込められたら、
個人的にはもっと面白くなったように思います。


頑なにやりたがらない方もいますが、
試してみても損はない気がします。

自分は、ワニノコが捕まえられるようになる日までは
細々と続けていこうと考えてます。




ちなみに前回は「名探偵ピカチュウ 〜新コンビ誕生〜
というゲームの感想を書きました。

bab08879-feb0-47bf-c77d-9c413e59fdec.png

こんなゲームです。
まさかの二連続ポケモンとは……。




最後にゲーム関連のアカウント諸々を。

私のSteam のアカウントはこちら
フレンド申請お待ちしております!

Playfireのアカウントはこちら

あまり使っていませんが、The Backloggeryはこちら
gamesGRABRはこちら

PSNのIDはBeat0414です。
お気軽に申請どうぞ。


今回はここまで。
ではでは




以下アップデートに関する感想です。

アップデート(iOS 1.1.0, Android 0.31.0)について (7/31)

足跡を改善するどころか、
完全になくしてしまった今回のアップデート。
暫定的なものであると願います。

なんせ、外部ツールも弾かれたため、
いよいよ狙ったポケモンを探すことが不可能になったからです。

なんだかな、と思ってます。


アバターを着替えさせる機能はいいですが、モンスターボールのカーブ具合等々
いろいろゲーム自体に影響が出る変更点が多い気がします。

その割には説明もないので、試行錯誤するしかありません。
なんとなく不満なところが多い印象でした。

(今後もアップデートがあり次第、追加していきます)
スポンサーサイト

| 雑記 | 17:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1506-f5e6fa91

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。