">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年の名盤10選2016

先月の 2016年トップ10ゲーム という記事もそうだったのですが、
さすがに遅刻しすぎですね。

今年の、じゃなくて、
去年の、じゃねえか、という感じ。


それはさておき、本記事では個人的にいいと思った
2016年リリースのアルバムやEPをさくっと全体的な印象と、
一番好きな曲を交えて紹介していこうと思います。



過去の記事はこちら。

2015年→
2014年→
2013年→


今回も去年同様、 アルバム・EP名 - アーティスト名 の形式です。
では早速いってみましょう!



x Infinity

x Infinity - Watsky

2ndアルバム以降毎回選出してるので「またか!」って思われそうですが、
またしても素晴らしいアルバムなのでスルーするわけにはいかず。


この4枚目のアルバムは全体的にこれまでの
Watskyでは聞けなかったような音がトラックに取り入れられている印象。

個人的に一番好みなのは「Stick to Your Guns」という曲。



昨年6月に起きたフロリダ銃乱射事件を受けて書かれたものなので、
PVに反して中々重い歌詞です。





ALL ABOUT POP

ALL ABOUT POP - Shiggy Jr.

Shiggy Jr. 待望のデビューアルバム。
いやぁ、めちゃくちゃ待ってましたよ。

タイトルに偽りなしの一枚で、
これでもかというほどポップな路線。

ここからどうバンドとして広がっていくのか楽しみになります。


一番好きな曲は「keep on raining」です。



「サマータイムラブ」なんかも、
夏になったらついつい聴きたくなりますね。





声

声 - whiteeeen

whiteeeenのデビューミニアルバム。

フルアルバムも出ましたが、
全体の流れとしてはこっちのほうがいい気が。

「愛唄」のカバーを初めて聴いてから楽しみにしていました。



「君想い」のカバーがとてつもなく良いです。

一番好きなメンバーだったmeri氏が最近脱退してしまったので、
少し寂しくもありますね。





Weightless.jpg

Weightless - Pogo

いろんな映像をマッシュアップして曲を作るPogoが
年末に投下したフルアルバム。


全体的にアップビートな曲が多く、
何かをしながら聴くと気分がよくなりそう。

一番好きな曲は「Hoo Ba Ba Kanda」です。



ロバート・ティルトンという胡散臭いテレビ宣教師がサンプル元なのですが、
反則なほどめちゃくちゃかっこよくなっていてかなり笑えます。





Emotion Side B

Emotion: Side B - Carly Rae Jepsen

2015年に発売された「Emotion」という
アルバムから削られた曲を集めたいわゆるB面。

……なのですが、正直自分はこっちのほうが本編より好きだったり。


短くてどの曲も捨てがたいのですが、
一番好きな曲は「Body Language」です。


Spotifyアカウントを持ってる方はツイートのリンクから聴けます。

カーリー・レイ・ジェプセンはCall Me Maybeが一番知名度は高いと思うのですが、
その頃から比べると本当あり得ないくらいトラックが洗練されていて、
聴いていて心地が良いです。





M(OTHER).jpg

M(OTHER) - ササノマリイ

今年の名盤10選2015で「おばけとおもちゃ箱」を選出したササノマリイの新EP。

繊細な音の上に真摯な言葉が乗せられていく
彼らしい楽曲の魅力はそのままに、
更に感情の振り幅が大きくなったような印象です。



ゲーム「MOTHER」をオマージュし、
タイトル曲である「M(OTHER)」が凄まじい。





Are You Ready 7th-TYPES

Are You Ready 7th-TYPES?? - 
Tokyo 7th シスターズ


Tokyo 7th シスターズの2枚目のアルバム。
1stアルバムと比べると個人的には若干劣るかな、とは思います。


2枚目に分かれてるのと、シングル曲の流れが
アルバムの構造的にいまいちよくないのが原因かな……。

そうは言っても、名盤です。



シングルで出たときも気に入っていた、
「TREAT OR TREAT?」が一番好きです。





SVIIB.jpg

SVIIB - School of Seven Bells

2013年に亡くなったメンバーと共に製作していたアルバムを、
残された音源をもとに完成させた一枚。

ドリームポップというべきなのか、
とにかくふわふわと宙を漂うような音。



「Open your eyes」という曲に
このアルバムのエッセンスが凝縮されている気がします。





March.jpg

March - Otis McDonald

あるYouTuberがイントロで曲を使っていたのをきっかけに
Otis McDonald氏は追っていたのですが、今作もすごい。

ひたすらかっこいいです。
隙がなさすぎる。



「Phife of Life」が特におすすめ。
チルなトーンを保ちつつ、リズミカルに仕立て上げるのはさすが。




COSMIC EXPLORER

COSMIC EXPLORER - Perfume

もはや説明不要のユニット・Perfumeの六枚目のアルバム。

いつも以上に透き通っていて、
駆け抜けていくような清々しさがあります。



「FLASH」が一番好み。
力強くもあり、華やかでもあり、嫋やかでもある。

そんな雰囲気が聴いていて心地よかったです。



以上、今年の名盤10選2016でした!


今月中に2016年のトップ10映画と
ワースト10映画をまとめますね……多分。

そしてそれが終わったら今年の分の記事を
諸々書かなくては……。



今回はこの辺で。
ではまた!
スポンサーサイト

| 音楽 | 10:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1525-61e111d7

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT