">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

E3 2017 - 私的注目タイトル

E3-2017.jpg

今年のE3も無事終了しましたね。
……一ヶ月ほど前に。

カンファレンス自体の感想が何度書いてもちゃんと更新されず、
しまいには記事ごと消えてしまったので正直若干萎えていたところです。

もう来年からこのタイプの記事だけでもいいかなぁ、とも。


タイトル通り、個人的に面白そうだなと思った作品を
ずらーっと連ねたいと思ってます。

その前に、全てのカンファレンスに対する一言感想です。



Devolver Digital: 頭大丈夫?
EA: 無駄が多い
Xbox: 結局どれが何に対応してるの?
ベセスダ: 6年前のゲームの話はもういいよ
PC Gaming Show: まあまあ
Ubisoft: 出来の良さにびっくり、個人的には今年一番
ソニー: 微妙
任天堂: 楽しそう


とまあこんな感じ。


過去三年間の総括は以下の記事へ!

E3 2014 - 私的注目タイトル
E3 2015 - 私的注目タイトル
E3 2016 - 私的注目タイトル


それでは今年も、自分が個人的に惹かれた作品をまとめていきます。
全部挙げているととてつもないことになりそうなので、このリストは20本に絞りました。

洋題のアルファベット順に並んでおります。
前置きはこれくらいにして、早速見ていきましょう。






「A Case of Distrust」

1924年のシカゴが舞台。
探偵ものみたいですね。





「Beyond Good and Evil 2」

大好きな作品の続編ということで、
発表時泣きそうになりました。

規模が大きいようなので、
ゲームとしてごちゃごちゃしすぎないかだけ心配。




「Call Of Cthulhu」

情報が少ないため、
まだよく分からないというのが正直なところ。

テーマで惹かれる人も多いと思うので、
それだけで満足せず、ちゃんとゲームとして楽しいかどうかに期待。




「Cuphead」

何度何度もリストに載せた作品。
遂に発売日が決まったようで、本当めでたい。

買います。





「Indivisible」

「スカルガールズ」の製作陣が送るRPGゲーム。

だいぶ前にアルファ版を遊びましたが、
戦闘システムがなかなか興味深い。





「Laser League」

「トロン」を彷彿とさせる見た目。
対戦が熱そうです。





「Life is Strange: Before the Storm」

2015年トップ10ゲームにも選出した作品の前日譚。
続編はこれとは別に製作中とのこと。

違うチームが手掛けているのと、
売りであった巻き戻しシステムがなくなっているので、そこら辺が若干不安。





「Metro Exodus」

Metroシリーズ第三作。
一時は撤回されましたが、信じていてよかった……。
めちゃくちゃ楽しみです。





「メトロイド プライム4」

曲が流れ出した時点で叫びました。
遂に来ましたね……。

近々プレイ動画も見たいなあ。





「Minit」

勇者30」を彷彿とさせる設定のゲーム。

繰り返される1分間の中でどれだけ進めていけるか、
という感じの作品のようです。





「Moss」

VRゲーム。

こういった作品をVRで遊んだことがないので、
若干気になっています。





「二ノ国II レヴァナントキングダム」

個人的にかなり好きだった「二ノ国」の続編ということで、
今からわくわくしております。





「Ooblets」

とにかくデザインが可愛い。

どういったタイプのゲームかはいまいちよく分かっていませんが、
戦闘重視の作品のあとに遊んだら癒されそうです。





「Spider-Man」

デモ映像を見た感じ、QTEが多いなぁという印象でした。
プレイスタイルも非常にRocksteadyのアーカムシリーズ風。

実際のゲームではもっといろいろ出来るんでしょうけど……
E3で見せる映像がこれだと少々不安。





「Star Wars Battlefront 2」

自分が大好きなゲームと全く同名なので、
今後誰かのお婆ちゃんが勘違いしてそっち買ってきそうですけど。

ストーリーモードの追加は大歓迎。
あとは他のモードの中身がスカスカじゃないといいな……。





「スーパーマリオ オデッセイ」

マリオ新作。楽しそう。
言うこと他になし。





「The Last Night」

以前、フリー版は遊んだことがあったのですが
どうやらそれをリメイクした作品のようです。

アートスタイルに惹かれる人は多いと思うので、
あとはどういったゲームでそれを支えるかですね。





「アンチャーテッド 古代神の秘宝」

クロエを主人公に招いたスピンオフ作品。
ネイサン抜きでも面白いのかどうかが見どころ。

個人的にはかなり期待しています。





「Where the Water Tastes Like Wine」

アメリカの民話を題材にした、
ストーリー重視の作品。

ゲームプレイがどんな感じなのかはよく分かっていませんが、
この独特な雰囲気に惹かれます。





「Wolfenstein II: The New Colossus」

言わずと知れたFPSの元祖であるシリーズの最新作。
前作が面白かったので期待。



と今年はこんな感じでした。
来年は多分最初からこの記事だけになると思います……。

まだ決定はしていませんけどね。
ではまた。
スポンサーサイト

| 雑記 | 09:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1529-1e7fd163

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT