">
FC2ブログ

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年の名盤10選2017

こんにちは!

ここ数日、頻繁にブログを更新している自分を見て
めちゃくちゃびっくりしてます。どこにそんなエネルギーが?


本記事では個人的にいいと思った
2017年リリースのアルバムやEPをさくっと全体的な印象と、
一番好きな曲を交えて紹介していこうと思います。

ボカロ曲10選と歌ってみた10選もやったのでね!
順番的に次はこの記事になります。



過去の記事はこちら。

2016年→
2015年→
2014年→
2013年→


今回も アルバム・EP名 - アーティスト名 の形式です。
では早速いってみましょう!




Faction World

Faction World - シナリオアート

シナリオアートの2年振りとなる2ndアルバム。

「すべてがFになる」のアニメのエンディングで存在を知ってから、
気になる存在ではあったのですが、この一枚を聴いて完全に虜に。


まるで世界を旅しているように、
温かくて色鮮やか作品です。



個人的に一番好みなのは一曲目を飾る「ジャーニー」。
アルバム全体のテーマを上手く凝縮している気がします。

落ち込んでいる日でも、
何かに手を引かれながら前進していく、そんな曲です。




Ultralife.jpg

Ultralife - Oh Wonder

Oh Wonderの2ndアルバム。

なんとなく初めて聴いたときから、
このリストに選出されるんだろうな、と。


YouTubeで一ヶ月に一曲、連続で一年間投稿し続ける、
という企画をやっていたときから聴いているこのアーティストなのですが
本作は物凄くカラフルに仕上がっている印象です。


1stアルバムは「Drive」や「Landslide」という曲にも表れているように、
一対一の作品という印象が強いのです。友人や恋人に語り掛ける、とでも言いましょうか。

それに対して本作は音が増えていて、
遊び心も垣間見える明るめの一枚だな、と。



「Lifetimes」という曲が一番心に残ります。
珍しいソロパートもあるので、その辺りも聴き所。





Humanz.jpg

Humanz - Gorillaz

何年待ったか分からないGorillazの5thアルバム。
このグループだと毎度のことですが、賛否両論ですね。


個人的には手放しで褒めることは出来ないかな、といった印象。
曲によってムラが激しいと思います。恐らくこれまでのアルバムで一番。

「Sex Murder Party」は、これそもそも作曲されてるんだろうか……
と首を傾げたくなるような悪い意味での気怠さが漂っています。



それに対して「Andromeda」のような曲もあるので、侮れません。

何ヶ月も作詞し直したり、いろんなコーラスを入れたりしたものの
結局作曲と同時に収録した仮歌がそのまま採用されている、という。


今まで関わってきた人の死を思い返す内容なのですが、
思わず素の感情が溢れて涙を流していたそうで、
そんな生々しさも残る終盤が突き刺さります。





Alice Jemima

Alice Jemima  - Alice Jemima

デヴォン州出身女性アーティストの、
メジャーデビューアルバム。

シンプルにまとめ上げられた、夢見心地な一枚。
静かでポップな音とボーカルが上手く噛み合わさっています。



歌詞のいい意味での不安定さと、
この静かな歌い方が癖になります。





MAKE YOU POP

MAKE YOU POP  - リリリップス

改名して1枚目のアルバム。

緻密ではっきりとしたビートに、
穏やかなメロディーとボーカルが乗って心地よい作品になっています。

語り掛けるような、気怠いラップパートも
不思議とテンションが上がります。



個人的なお気に入りは二曲目の「Hi-Fi Magic」です。
かっこよくて可愛い。





熱唱サマー

熱唱サマー  - 赤い公園

佐藤千明氏がボーカルを務めた最後のアルバム。

2014年、当時金沢を観光していた自分がふと出会ったのが、
赤い公園の「猛烈リトミック」という作品でして。


曲はいくつか聴いたことがあったものの、
アルバムとして通して聴くのは初めてでした。

一曲目の「NOW ON AIR」からぐっと引き込まれたんですよね。



本作はそんなバンドの一つの区切りとして存在します。

トランペットとサックスが陽気に繰り返す「カメレオン」から始まり、
アルバムの中でも浮いた音で終盤かなり持っていかれる「BEAR」を経て、
高校のときに作ったという、自分も一番好きな「ほら」に辿り着く頃には

もうそれは本当、感情の波に呑まれてますよ。



「ほら」の作詞クレジットは『後藤麻由』となっているのですが、
これは津野氏が高校一年のとき組んでたバンドのボーカルだそうで。

実はこの曲自体も、当時の文化祭用に書き下ろしたのだとか。

なんだか生々しいエネルギーと、怖いもの知らずの勢いが感じられるのは、
そういう経緯があったからなのかな、なんて思いながら聴いていました。





Polarity_20171224034837a49.jpg

Polarity  - fusq

反復的なメロディーが印象的な「When I」から始まる、
fusq氏の2nd EPです。

前作の「Lost Station」も素晴らしかったですが、
今回はメルヘン的な要素が、少々控えめになっている印象です。

本作のほうが確実に
ストイックなかっこよさが出ている気がします。



お気に入りはMYLK氏を招いた「Inner」です。

しっとりしたイントロを通り抜けるとボーカルのスライスが始まり、
計算された巧みな音使いは次第に勢いを増していき、非常に心地よい。


EPとしてのまとまりが非常にいいので、
シャッフル再生ではなく、通して毎回聴きたくなります。

今後が楽しみなアーティストの一人。





Neo Wax Bloom

Neō Wax Bloom  - Iglooghost

初めて聴いたとき、
思わず「なんだこれ……」とぼやいてしまいました。


初っ端から怒涛の展開というか、
一回聴くと好きな人はクセになるけど、嫌いな人もいるんだろうなぁ。

あまりにも万人受けしない……。


そこが電子音楽の魅力の一つだと自分は思ってたので、
個人的には最高なんですけどね。

EDMというワードがかなり苦手なクチです。

注意: かなり画面の点滅が激しいPVなので苦手な方はご注意ください。


一番好きな曲は「Sōlar Blade」です。
混沌の中にもしっかりとした軸を感じられるのが鳥肌もの。

新しいことに挑戦していたり、割と騒がしい音であるにも関わらず、
一昔前の流行りであるドラムンベースや
ドリルンベースの要素はしっかりと聞き取れますね。


最近のインタビューで年齢に触れられてるものを
見かけなかったのですが、2014年のデビュー時で17歳だったので、
まだまだこれからどんどん伸びていきそうなアーティストです。





mogoya.jpg

Mogoya  - Oumou Sangaré

家の近くにresidentという素晴らしいレコード店があるのですが、
そこの店内でかかっていた音楽に惹かれまして。

すぐさま店員さんに何が流れているかを尋ね、
結果出会ったのがこの一枚でした。


ネットで知ったアーティストの作品が多い中、
かなり昔ながらの出会い方をしてますね。



個人的に一番好きなのは「Fadjamou」という曲。
エネルギッシュなイントロから引き込まれます。

新しいアーティストを取り込みつつ、
変わらぬ伝統的な要素を曲げずに歌う様に圧倒され、
思わず呆然としてしまいました。


短いアルバムではあるものの、
とてつもなくパワフルな一枚です。





Bootleg.jpg

Bootleg  - 米津玄師

2ndアルバムである「YANKEE」を2014年に名盤として挙げて以来、
果たしてこれを超えるものは出てくるのだろうか、と思っていました。

不安と期待で気持ちは真っ二つ。


そして、クロスフェードが投下されます。



オリジナリティとはなんだろう、という疑問に立ち向かった
「Moonlight」に差し掛かった瞬間、確信に近い気持ちが芽生えました。

これはもしかしたら「YANKEE」を超える一枚になるかもしれないと。

今のところまだ分かってませんが、
もしかしたらあと数年経ったら、自分の中で答えが出るかもしれません。


初音ミク版が先行で公開された「砂の惑星」や、
DAOKO氏とのデュエットが鮮やかだった「打上花火」のアレンジ版などなど
目玉となる曲は多いのですが、自分の一番好きな楽曲は「春雷」です。

初々しさと切実さが非常にもどかしくて、
それでいて綺麗な恋心を切り取っていた気がしたのです。

間違いなく、聴く価値のある一枚です。




以上、今年の名盤10選2017でした!

ひたすらいろいろなものを吸収しようと、
たくさん聴き倒した一年でした。


音楽繋がりですと、最近こんな記事も書いてました!
よかったらそちらのほうもどうぞ!

2017年ボカロ曲10選
2017年歌ってみた10選


映画のトップ10とワースト10も上げる予定です。
近々ね。そのあとにゲームの記事もなんとか更新したいなー。



今回はこの辺で。
ではまた!
スポンサーサイト

| 音楽 | 11:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/1532-8931f59b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。