ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

嬉しい御知らせ

えー見事罠にハマりました。。。























見たあなたは絶対やる!

motherから回ってきたバトンです。。。


つーかバトン拒否しようかな。。。




川σ_σ)「あら。こんにちは」

(・∀・)「こんちくは」

川σ_σ)「ごめんなさい・・・あなたの名前忘れちゃったわ。名前なんて言ったかしら?」

(・∀・)「** ***ですw 本名言ってみました(ぁ」

川σ∀σ)「あぁ、そうだったわね。思い出したわ♪」

(・∀・)「あ、お前もしかしてみっちゃん?!」

川σ_σ)「それよりあなた。こんなとこで遊んでていいの?明日テストよ。お馬鹿さんは家にかえって勉強したらいかが?」

(・∀・)「そうだねぇ…もう吹っ切れてるんだ☆」

川σ_σ)「まったく・・・・ああ言えばこう言う・・・・あなた何年何組?」

(・∀・)「2年3組?」

川σ_σ)「そう・・・クラスのみんなお気の毒ね。あなたのせいで平均点さがっちゃうものね」

(・∀・)「英語と地理と歴史は上げてる自信あるけど」

川σ_σ)「まぁ恥をかくのはあなただからいいけど・・・・」

(・∀・)「みんなから『スゲー』って言われるのは確かに恥ずかしいなw」

川σ_σ)「そういえばあなた誕生日いつだったかしら?」

(・∀・)「ともだち暦2年 4月14日(爆」

川σ∀σ)「ふふw学年は一緒だけど私の方が年上ね」

(・∀・)「そうだよ…僕が…僕がともだちだよ(爆wwwwwwwwww」

川σДσ)「ふん。生意気いわないでよ。年も成績も私より下なくせに!!」

(・∀・)「そうですけど何か?」

川σдσ)「あぁ・・・つい熱くなってしまったわ。あなたごときに。ごめんなさいね」

(・∀・)「俺もあなたごときにボケてしまいました、どうもスイマセン!」

川σ_σ)「冷静になるわ。あなた成績どれくらいなのよ?」

(・∀・)「ツッコめよ!40?70位の間をふらふら」

川;σ_σ)(えぇ!?私の方が全然下じゃない・・・・どうしよう・・・・)

(・∀・)「というか最下位じゃないのwwwwwwwwwwwwwwwwww」

川;σ_σ)「まっ・・・・まぁ・・・・成績なんかはどうでもいいのよ。そう思わない?」

(・∀・)「あー思う思う」

川;σ_σ)「ど、どっちにしても全体的にみて私の方が格上なのは決まっているし??」

(・∀・)「ウザい度も含めてね」

川;σ∀σ)「あー私そろそろ帰らなくちゃ。」

(・∀・)「逝ってらっしゃーい」


川σ_σ)「なぁに?私が帰ると寂しいの?」

(・∀・)「アメーバ

川σ_σ)「・・・・まっ、気をつけて帰るのよ。」

(・∀・)「今家」

川σ_σ)「あ、聞き忘れてたけど次だれに回すの?」

(・∀・)「住友生命とかほざいてる人!あと見てる人!」

川σ_σ)「わかったわ。しっかり勉強してからやるように伝えといてね。さようなら」

(・∀・)「お前は前々世からやり直せ」
スポンサーサイト

| 日常 | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/772-5ba94104

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。