">

ボウエン嬢と夢見るイヤフォン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いつでも君の声が 僕を支えてくれる

題名は察してください(またか







本日、帰ってきたらタイミング図ったかのようにYKからの電話。





YK「Beat?」

Beat「あ、そうだね、おやすみ」

Y「まてまてまて。可愛い幼馴染が電話してやってんのに――」

B「自分のこと可愛いと思ってるの?重症だね!」

Y「酷いよ何か」

B「うん、ごめんね」

Y「今更謝るのか!フラれた気分になるような言い方やめてくんない?!」

B「地元帰れ、茨城帰れ」

Y「テメーも地元茨城だろぉがっ!!」

B「ん、知らないぞ、土浦何かに住んでないぞ?」

Y「思いっきし住んでたでしょ?!何で忘れるわけ?!」

B「………今ちょっと記憶喪失で」

Y「今の間は何だ今の間は」

B「え、猫とじゃれる間」

Y「嘘付け!」

B「もーうっせーうっとーしー」

Y「あーはいはい分かったから。本題入るよ」

B「うぃー」

Y「…。アイマスDS、近々届くと思うよ」

B「……ふぇ?」

Y「jazzちゃんの口癖やめない?!兄馬鹿?」

B「あーようはなに?」

Y「プレゼント☆」

B「……小遣いいくら」

Y「****円」

B「……死ね(ボソ)」

Y「いや聞こえたから!」






ここから先は自主規制。



本当何なんだろうね?




コイツは2歳の頃から何も変わっちゃいねぇーwwww






僕と猫と山と緑な日々




High Speed Boyzのホームページがwww






僕と猫と山と緑な日々


デビュー曲が「BAD CITY」予定の頃のこのノリはどこへ行ったんだろう…?ww







あ、あと「いつでも君の声が 僕を支えてくれる」はYKの声のことじゃ、ないんだからねっ!


そんな良い話にまとめようとする気なんて、ないんだからねっ!(何でツンデレ?


スポンサーサイト

| 日常 | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatofblues.blog119.fc2.com/tb.php/782-e51ec95b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT